I LOVE TCG

蜘蛛やゾンビが舞い踊る……イシュカナ様をお守りします!

【TCGデザイン論】 ハースストーンの戦闘システムの特徴と問題点

 

HSクローン元年

 

2015年11月のハースストーンの日本語化を皮切りに、

サイゲームスから今年6月17日にリリースされたShadowverse

タカラトミーから今夏リリースされるWAR OF BRAINSと、

”Hearthstoneクローン”と呼べるようなゲームシステムのデジタルTCGが次々と展開されている。

(記事内容との関係からガンダムクロスウォーについてはひとまず脇に置く)

 

 

そこで今、あらためてオリジナルであるハースストーンのゲームシステムについて論考したい。その特徴と問題点についてを簡単ながらまとめておきたい。

 

オリジナルが抱える問題点について語ることはまた、後発クローンたちが継承しやすい”遺伝病”を予見することにもつながるはずだ。

 

 

というわけで 

 

f:id:tenkoTCG:20160715173939j:plain

 

(雑なアイキャッチ

 

 

 

なお自分はデジタルTCGだとハースストーンがいちばん好きだ。

元ネタである紙版のWORLD OF WORCRAFT TCG(2005-2013)のリリース時から追っかけていたので、これを含めればもう10年以上の付き合いになる。

 

 

「問題点」などと挑発的なタイトルになってしまっているが、記事の意図としてハースストーンを攻撃したり貶めたりするものではない。

いわゆるハースストーンクローン全般に特徴的なメカニクスの特徴や問題点を、オリジナルであるハースストーンの用語を使って解説していこうという試みである。

 

 

「負けっぱなし」の役割を負う戦闘システム 

 

ハースストーンの戦闘システムでは、先に盤面にミニオンを着地させたプレイヤーが、展開で遅れを取ったプレイヤーに対して一方的にマウントを取りつづける。

受け手の選択肢は常に攻め手の応手に縛られており、攻守の役割が固定化しやすい。

 

 

このゲーム性はHSが採用する2つのゲームシステムの相互作用、

攻撃側にのみ選択肢が与えられるハント型戦闘と、

攻守の役割が固定化されやすい召喚酔いの組み合わせによって起こる。

 

 

ハント型戦闘とは「攻撃側が」攻撃対象を指定できる 攻撃側優位の戦闘システムのこと

(その逆は「防御側が」指定できる防御側優位のブロック型戦闘)。

ハント型戦闘は互いの場を荒らしあう殲滅戦指向のゲームになりやすい。

対戦相手のクリーチャーを文字どおり積極的に「狩っていく」ゲーム性になる。

 

 

召喚酔いとは場に出たターンの攻撃を禁じる影響制限メカニクスのこと。

 

即時攻撃の制限は両プレイヤーに対応の猶予を与え、盤面を通じた戦略性とプレイヤー間の相互作用を強める。

またプレイヤーの思考の焦点を現在のターンに集中させる機能がある(即時攻撃が可能だと、常に返しのターンでどう反撃されるかまで予測して動くことが求められる)。

一方で召喚酔いのあるゲームでは、それがないゲームとくらべると攻勢の反転が起きにくくなる(盤面干渉にタイムラグが生じることで攻守の役割が固定化されやすい)。

 

 

 

この2つのシステムの兼ね合いにより、HSの盤面展開は先に着地した攻め手のクリーチャーが受け手が出すクリーチャーに対して常に圧力をかけながら進行していく。

攻め手のクリーチャーは、受け手が出すクリーチャーが召喚酔いで動けないうちに一方的に「狩っていく」選択が可能だからだ。

 

HSでは攻め手のほうが常に選択肢が多く、展開で遅れた受け手のゲームプレイは盤面への応手という限定的な選択肢に縛られる。

すでに3/3が盤面に着地している場合、受け手に求められるのは3/4以上のプレイか3/3の除去に絞られ、手札の1/1や2/2はプレイの選択肢から消滅する。

出しても一方的に狩られるだけのクリーチャーは、たとえプレイできたとしてもボードの差を広げるだけの無益な選択肢になる。

 

 

MtG的なブロック型戦闘であれば、防御プレイヤーは自分のライフと引き換えに「クリーチャーを守る」「反撃のための盤面を育てる」選択肢がとれるが、HSの戦闘システムではそのような選択肢は受け手側にはない。

 

 

攻め手がかならず受け手側よりも多くの選択肢を握る。受け手のボード構築の権利はかならず一度攻め手に渡る。3/3の対面に出した自分の2/2が生き残るかは相手が決める。

ボードクリアを行わない限り、HSでは受け手側に主体的な盤面構築が許されない。

 

 

もともと召喚酔いは攻守の役割を固定化しやすいシステムだが、ハント型戦闘と組みあわると、攻守間にある選択肢の格差からその硬直性はさらに拡大する。

 

 

そのためHSではテンポをとれる軽い除去、火力が全クラスに渡されている(武器はライフを支払って撃つ火力の一種とみなせる)。

応手側はこれらのテンポで勝る軽量除去を駆使して、攻め手優位のボードを更地にした上で切り返す(スイングする)。これがHSのゲームバランスの基本構造になっている。

 

つまりHSではシステムが内包する攻守のワンサイドゲーム性に対して、軽量除去などの個別カードにその調整パッチ的な役割を担わせていることになる。

翻せばそれはボードスイングできるかを特定カードの引きに依存しているということでもある(引きムラによる運ゲー性の内包)。

 

通常の構築戦ではこのようにパワフルなスイング用のカードを潤沢に採用できるため、ハント型戦闘+召喚酔いが持つ本質的な硬直性については気づきにくい。

一方でアリーナなど使える除去が限定的なフォーマットになると、こうしたHSのプリミティブなゲーム性、すなわち攻め手の一方的なマウントと受け手の選択肢制限が色濃く現れる。

 

先に盤面に展開されるとあとは先手に延々とボードクリアされつづけ、受け手は一度も攻めに回れないままゲームが終わることが、特にアリーナではしばしばある。ライフ30対0のパーフェクトゲームも別に珍しくない。

そのようなゲームでは、敗者は相手の盤面への対応に終始し、主体的に盤面にアクションをはたらく機会を一度も得られずに死んでいく。

 

 

 

このように、一度優位に立った側が次の優位もどんどん手にしていくようなゲーム性をゲーム用語でWin More/勝ちっぱなしというのだが、この場合は劣位側の視点からLose More/負けっぱなしと呼ぶべきだろう。

戦闘システムに関して言えば、ハースストーンはLose More性の強い格差拡大ゲームと言える。

 

これがハント型戦闘だけで召喚酔いがなければ、あるいは召喚酔いはあっても防御側が指定するブロック型戦闘であれば、ここまで負けっぱなしなゲーム性にはならなかっただろう。この2つは相互作用によってLose More性を強化する。

 

 

もちろん勝ちっぱなし/負けっぱなしはそれ自体が否定されるべきものではなく、単にオプショナルなゲーム性の一つでしかない。

ただ「負けっぱなし」による主体的な選択肢の喪失、勝ち筋の排除されたゲームは敗者にストレスフルな体験を与え、そしてその不利益をもっとも強く被るのはほとんどの場合「負けて覚えていく」初心者である、ということは認識しておく必要がある。

 

 

付けくわえると、その「負けっぱなし」をもたらす展開の遅れ/ボードスイープできるかという重要な決定が、HSではすべて序中盤のドロー運に強く依存しており、そのことも理不尽さを強調する要因になっている(自分ではどうしようもない事故性の内包)。

 

つまり「負けっぱなし」の理不尽さは戦闘システムだけでなく、HSが採用するリソース制度との兼ね合いによって拡大されている部分がある(が、この記事では戦闘システムの問題に焦点を絞り、リソースメカニクスとの相互作用については別の機会に語る)。

 

 

フィードバックのある敗北はさらなるゲームへの没入を促すが、理不尽な敗北はゲームに参加する意欲を削ぐ。

重要なのは実際にゲームが理不尽であるかどうかではなく、それをプレイヤーが感じやすい構造になっているかどうかだ。

これは単純な運要素とは別レイヤーの問題だ。

 

そしてHSの戦闘システムは上記のとおり、プリミティブなレベルで強いLose Moreの理不尽性(受け手に回ると選択肢を失いつづけ、ゲームに主体的に参加できない)を内包していると自分は考える。

 

 

つまりHSの戦闘システムの問題点が何かと問われれば、この選択肢の不平等=劣位に立つと主体的な盤面構築の権利が奪われることと言える。

主体的な盤面構築の権利が奪われるということは(ことシナジーが重視されるTCGというゲームジャンルにおいては)、ゲームそのものへの主体的な参加権が奪われることに近い。

 

 

(※追記:2016/07/16 11:42)

この記事で言及しているのは先にボードに着地できたかどうかで決まる「攻め手受け手の」主体性の不平等であり、コイントスで決まる「先攻後攻の」不平等ではない。 

「先攻だが受け手」は問題なく成立するし、実際のゲームでもそのような展開はありふれている。だからこの記事ではHSのコインについて言及はしていない。

コインが調整するのは「先攻後攻の」格差であって「攻め手受け手の」不平等ではないからだ(ボードを取られた受け手が主体的な選択肢を手に入れるわけではない)。

 

 

どのようなパッチが考えられるか

 

ではHS型のハント型戦闘+召喚酔いが抱えるLose More性に対して、どのようなパッチが考えられるだろうか?

 

 

たぶんTCGオタクならだいたいこういうことを考えるんじゃないだろうか。

  1. 受け手がもっとボードスイングしやすくする(選択肢制限が一方だけに持続しないように攻守が容易に入れ替わるようにする)
  2. 受け手になっても主体的にボードを構築できるようにする(選択肢制限そのものを弱める)

 

 

たとえば後発のHSクローンであるシャドウバースが採用したシステムを見てみると、進化システムは前者の文脈、アミュレットは後者の文脈で考えられる。

 

進化(=2サイズアップ+相手クリーチャーに対してのみの速攻殴り返し)は受け手の切り返しを確約し、

アミュレット(=攻撃されないパーマネント)は相手がボードを握っている状況でも、後出しで盤面に投げこんで主体的なボード構築の起点にできる。

 

 

ボードスイングを容易にする方向性であれば、進化のような即時殴り返しをシステムレベルで付与するのがいちばん明確でわかりやすい(とはいえあまりにも大量に配るなら最初から召喚酔いを採用するべきではない)。

 

また進化は、マナと別のリソース(EP)を消費して行う追加アクションでもある。この視点から、クリーチャー召喚とは別のコストで追加のボードアクションが行えればスイング性が上がる、と考えることもできる。たとえばクリーチャーの召喚と呪文の使用に用いるリソースが別であるとか。

 

ボードスイングを要素分解すれば「ボードリセットと展開の両立」になる。リセットと展開を同じリソースで並立させなければならない場合、受け手は除去した後に残った限定的なマナで盤面を構築しなければならない。

そのため使用できるリソースが一元化している場合、手持ちのリソースすべてを展開に注げる攻め手がハント型+召喚酔いシステム下ではどうしても優位になりやすい。

システムレベルで戦闘システムを調整する場合、だいたいは盤面構成やクリーチャーの制限を調節する方向に意識が向かいがちだが、実はリソース設計に手を入れるというのが解決策の一つになりうる。

 

 

後出しでもボード構築できる方向性であれば、アミュレットのような攻撃を受けないパーマネントを作ったり、あるいは盤上に前列/後列のような攻撃を受けない安全地帯の要素を加えるのがいちばんわかりやすい。

要は後出しでも攻め手に先制攻撃されないパーマネントが出せれば、受け手もボード構築に対して一定の主体性を保持することになる。

 

 

システムレベルではなく個別カードレベルでのパッチを考えるなら、軽い除去によるスイングだけでなくこういった後出しでも先制攻撃を受けない方向でもっとアプローチがあっていいように思う。

つまり先制攻撃を回避するキーワード能力(回避能力)をもっと設計してカジュアルに配布するという方法だ。

 

もちろん回避能力ならすでにHSにも隠れ身(SVでは潜伏)があるが、隠れ身は攻撃どころか呪文まで避けてしまうので回避能力としては強すぎ、そのせいでカジュアルには付与できない問題がある。

除去避けの追加クロックとして攻め手も利用できるので格差調整にならないし、《動く鎧》のようなシステムクリーチャーと相互作用のトラブルもある。

 

なので隠れ身よりも少し弱く、よりカジュアルに付与できる回避能力を設定するといいんじゃないかと思う。1ターン限定かつ攻撃からのみ守れる隠れ身、ぐらいの弱さでいい。

 

 

たとえばMTGには潜伏という回避能力があるのだが(この流れで出てくるとシャドウバースのヤツとすごく紛らわしい)、これをHS風に翻訳するとこうなる。

 

潜伏(このミニオンは、それより攻撃力が大きいミニオンには攻撃されない)

 

能力名は警戒でも俊敏でもなんだってよい。

完全な回避能力ではないが、これぐらいの弱さが広範に付与しやすくてちょうどいいんじゃないかと思う。

回避能力はバフと組みあわさると対処困難なファッティを作るのが厄介だが、潜伏のいいところはそのようなトラブルを生み出さないことだ(強化されるほど効果がなくなる)。

このような能力がカジュアルにもっとあれば、後出しでサイズが劣るミニオンを展開する(そして次ターン以降のボード構築の起点にする)、というプレイが選択肢としてより有用になりうる。

 

 

またこの手の回避能力が面白いのは、盤面の支配力=ミニオンのスタッツという単純な図式に揺らぎや幅を与えてくれる点だ。ボード上での評価軸をミニオンのサイズ以外で新たに設計できるようになる。

回避能力がカジュアルにあれば、サイズの大きいミニオンと小さいミニオンが併存して殴りあうような盤面が生まれやすくなる。つまりダメージレースになる展開がより多く発生する。

それはほとんどのゲームが殲滅戦で進行するHSのプレイ体験に広がりと多様性を与えてくれる。

 

 

 

というわけでハント型戦闘+召喚酔いの問題に対しては、メカニクスレベルでメスを入れられるなら盤面構成をいじるのが一番直接的で、間接的な方法としてリソース体系を調整するというアプローチがある。

そして個別カードレベルでパッチを加えるなら、軽い除去を配布してスイングしやすくするという方向性に加えて、一方的なハントから守る回避能力をカジュアルに配布する、というアプローチもある。

 

 

ただ上で挙げた潜伏には問題があって、挑発付与と組みあわさると盤面によっては相手が除去できなくてハーフロック状態になりうる。

書いてて今きづいてしまった……。

 

となるとやっぱり1ターン限定で呪文は通るような弱い隠れ身を安価な回避能力として設計し、カジュアルに配布するのが個別カードレベルでは一番丸いのかなと思う。

 

 

なんだか締まらない結論になってしまったが、今回はこのあたりでいったん記事を区切る。

HSが採用するマナシステムの問題(選択肢の限定と事故性の内包)については、別のエントリーで書ければと思う。

 

 

(※追記:2016-07-16 12:04)

この記事は、今後さらなる隆盛が予想される諸々のHSクローンに対して、偉大な先駆者であるHSのゲームシステムを(それが個別カードとのバランスによって成立していることを軽視して)無批判的にコピーするクローンが登場しないといいな……というTCGオタクとしてのものすごく限定的で狭小な願いから書いている。

 

 

ではでは。

 

 

リンク

twitterでも色々つぶやいています:

 

 

この記事を書く理由になったエントリー:

 

 

 

【MTG】 イニストラードを覆う影 深夜プレリ行ってきた 環境の印象

 

 

あとでちゃんとしたプレリレポ上げます。

とりあえずSOIシールド環境の印象をざっとメモがわりに。

 

 

 

 

 

  • 部族含めたシナジー前提のためカードパワーが全体的に低下し、単体で盤面を制圧できるパワーカードはほとんどない印象。
    BFZシールドみたいに「雑なミッドレンジ組んどけ!」みたいな最適解がなくて面白い。
    細く見えるアグロ戦線にコンバットトリックを加えてどうにか勝ち筋とするような、ピーキーな構築が求められたりする。接触戦闘/コンバットトリックの重要度は高そうに見える。

 

  • シールドではアグロが強いと感じた。
    盤面を切り返すパワーカードの不足から、他よりもミッドレンジの構築難易度は高い気がする。緑以外4~5マナ域のスペックがそこまで高くなく、序盤優位のアグロにそのまま押し切られることも多い。

 

  • なかでも白緑人間、赤緑狼男が構築難易度の割にかなり強いような感覚。

    シールドだとピックを偏らせることができないので、特定のカードやギミックに依存しない(役割を代替できるカードがコモンに多い)アーキタイプが強い。

  • アグロだと吸血鬼もブン回りがあってクソ強いが、こちらは共鳴者への依存度が高いためプールが噛み合わないと組めないので上2つには並ばない(うまく組めたら強いが、それは他の二つと同じこと)


  • 青黒ゾンビは構築難易度がもっとも高いが、シナジー密度の高いデッキを組めたらいちばん強い。
    共鳴者から奇襲的に降ってくる除去とマッドネス、EoTに墓地から無限に蘇る二種類の高打点ゾンビは悪夢としか言いようがない。普通のアグロやミッドレンジでは勝てる気がしない。


  • 個人的な色の評価はこんな感じ。
    カードプールの受けの広さ、構築の安定性で評価。

    白 > 緑 >>> 赤 > 青=黒

    青は低マナ域の生物が他よりも一回り弱くて序盤の防衛力を他の色に依存する。
    黒は逆に4~5マナの生物群にクセがあって雑に突っ込むのが難しい。
    それに対して白・緑の生物群は(白はややアグロに偏っているが)どの帯域も受けが広い。
    赤は除去の性能がよい。5マナ狼男+Caged Fury(2R二段攻撃インスタント)による突然死もある。

 

  • 個人的なシールドのアーキタイプ評価は、今のところこんな感じ。
    プールへの依存度が低くて安定性が高いという点で評価。

    1番手:緑白(人間アグロ)=赤緑(狼男ミッドレンジ)
    2番手:黒赤(吸血鬼)=緑黒(昂揚ミッドレンジ)=青緑(手がかりミッドレンジ)
    3番手:白青(飛行テンポ)=白赤(オールインアグロまたは除去天使)
    4番手:青黒(マッドネスゾンビ)=白黒(昂揚ミッドレンジ)
    ドベ:青赤(ゼロックス


    もっかいプレリ参加したら印象変わるかも。




  • 自分は前イニストラードのリミテやったことなかったので今回が初イニストラードなんだけど、変身があるのでカードの強度(カードのゲームエンド力やゲームプラン)が構築段階ではかなり読みにくかった。
    このデッキは強いのか? 勝てるのか? が測りにくい。

    基本的に変身カードは夜の面で勘定して構築するべきだと今回初めて解った。
    構築段階でのシナジーだけは昼の面を見るが、あとは夜の面のゲームエンド力を見る。

 

 

 

ちなみに自分がプレリで引いたレアはこれ。

 

f:id:tenkoTCG:20160403134129j:plain

わーいソリンさん(キメポーズ)が光ったよ。ジェイスも引けて嬉しいよ。

 

 

 

で、組んだのは……

 

1.青赤《潮からの発生》。

 

f:id:tenkoTCG:20160402053639j:plain

ジェイスもいたし、どうしても組んでみたかったので組んじゃった。

スペル12枚、生物10枚のクレイジーデッキ。

ただ共鳴者が《目録》1枚しかないのにマッドネス呪文が4枚入ってる悲しいプール。全体バウンスとトークン発生呪文の噛み合わなさもすばらしい。アヴァシンの裁きが泣いている……

 

使ってて楽しかったのは楽しかったけど、やっぱり相当ピーキーで安定性はない。最後の選択肢って感じだ。

あたりまえだけど、除去は自分の盤面にアタッカーがいないと機能半減。

 

 

2.黒赤吸血鬼

f:id:tenkoTCG:20160403135124j:plain

これはオールインアグロ版で、タッチ白して《苦渋の破棄》入れるバージョンも作った。

ただ見てわかるとおり3マナ生物がたりなさすぎて、なんとも不足感の強い内容になっている。3マナ3/1バニラのカカシを入れようか迷うレベル。
さすがにこの生物のラインナップでは勝てなかったが、それでも爆発力はある。

火力と共鳴者があれば赤黒になり、それらのかわりに狼男+《放たれた怒り》または《溶岩の地割れ》があれば赤緑になるのが基本。 

 

3.白緑人間。

たぶん自分のプールでいちばんつよいデッキ。こういうデッキが今回は強い。

 

f:id:tenkoTCG:20160403134223j:plain

スペルいらん! マナカーブ順序良く展開して殴っていくだけ!

白と緑コモンにはそれぞれ4マナ3/3のcip人間が1人ずついて、こいつらを有効活用できるプールを引けるかどうかが白緑人間の鍵。

つまり3マナ以下の人間の総数。 このデッキみたいに12~13枚くらいとれていると並のカードから一気にパワーカードになる。

 

4.青黒t赤マッドネス

f:id:tenkoTCG:20160403135347j:plain

どうしても《潮からの蘇生》ドリームを諦めきれなくて組んじゃったデッキ。

見よ、この高マナ域生物のラインナップの貧弱さを!

当然だけど勝てませんでした……。

やはりメインボードは生物の数がどの帯域もまんべんなく揃ってる丸い組み合わせを選ぶのがいいよ……

 

 

自分の土曜プレリそんな感じでした。構築プールと詳細なレポはまた後日!

 

 

過去のプレリ記事

【MTG】 ゲートウォッチの誓いプレリ 行ってきてた(備忘録)。青黒飛行で1-2

 

2016年1月16日(土)、昼からのゲートウォッチの誓い/Oath of Gatewatchのプレリに参加してました。

 

もう二ヶ月近くまえの話だけど……

シールドプールの記録だけはしておこうとここに備忘録を書かんとす。

 

 

参加人数は20人ほどでスイスドロー3回戦。

13時スタートの17時終了だったかな。

 

 

 

参加費はコンポーネントの代金込みで2500円だった(店舗によってまちまち)。

エントリーと同時に渡されるデッキケースの中身は前回に引きつづき、

 

 

 

  • 日付入りランダムなレアまたは神話レアのプロモカード……1枚
  • OGWブースターパック×4、BFZブースターパック×2……合計6パック
  • 20面ダイス型ライフカウンター(全5色からランダム)……1個
  • 紙製の仕切り板……1枚
  • 世界観ガイドシート……1枚 

 

 

これらが紙製デッキケースに封入されている。 

ケースは少し縦長(iPhone6 と同じくらいの縦幅)で、底面にはダイスを収納できるスリットがある。

 

f:id:tenkoTCG:20160225144319j:plain

        (当日開けたパックを使った再現画像です)

 

 

写真では分かりにくいが、ケースの表面は反射でキラキラ光るフォイルっぽい加工で、あまりチープな感じがしない。

少なくとも一年前までの弁当箱よりは使い勝手がいいのは間違いない。

 

まあこれは前回も書いたことですね、以下省略して着席。

 

  

環境の印象

 

事前にプールを眺めた範囲だと、自分のなかでの色の強弱は

 

 >>>  >  =  > 

 

というかんじ。

だった……と……思う。もう大分うろおぼえだ。

今気づいたが、BFZプレリの時と順位が一切変動していない。

 

 

 

BFZにつづいて今回もできればエルドラージランプ、

あるいは普段より一マナ重いミッドレンジを組むつもりでいたが、

青コモンはタッパーに除去に、低コストながら最序盤~終盤まで受けの広いカードが多い。

 

f:id:tenkoTCG:20160225151918p:plain f:id:tenkoTCG:20160225151926p:plain

 

 

 

対して緑はランプ恐竜のパッケージがきちんと整っているのが高評価の理由だ。

 

f:id:tenkoTCG:20160301163439p:plain f:id:tenkoTCG:20160301163412p:plain

 

3マナ2/2で末裔をCIPで呼び込む《末裔招き/Scion Summoner(OGW)》や、

6マナ6/5バニラ《梢喰らい/Canopy Gorger(OGW)》などセカンドベストの選択肢もちゃんとある。

《鞍背ラガーク/Saddleback Lagac(OGW)》など明確にアグロ指向なカードもあるため、ちぐはぐなプールを引かされると少しキビシイので青の次点となった。

 

 

白・赤は除去はいいが生物がアグロに偏りすぎている印象で、シールドのメインでリスキーな先手デッキを組みたくないといういつもの理由。

 

f:id:tenkoTCG:20160308192910p:plain  f:id:tenkoTCG:20160308192841p:plain

      シールドではあんまりメインにしたくないアグロ

 

 

黒も今回ミッドレンジには使いにくい、引きどきを選ぶようなカードが多い。

除去は強いものの、シールドで重要なのはプール全体の安定性なので、アーキタイプをアグロとカッチリ半々で分けあうようなプールは通例として評価が下がる。

 

f:id:tenkoTCG:20160308193033p:plain

 

 

今回特殊なのは、これら縦軸の色選択を横断するかたちでタッチ無色が絡んでくるということ。

五色のカードの中にも無色マナを支払うことでスペックが強化されるカードが多く、無色マナの供給力がデッキパワーに大きく作用する環境だ。

 

f:id:tenkoTCG:20160225152305p:plain f:id:tenkoTCG:20160225152320p:plain

 

どのようなデッキを組むにせよ、《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》《形状の管理人/Warden of Geometries(OGW)》はシールドだと入れ得で、引ければ引けるだけデッキの強度が安直に増すなと感じた。

 

 

なのでパック開封時は無色マナソースのチェックをなにより最初に行うことだけはあらかじめ決めていた。

 

チェックするのは 土地 ⇒ 無色・アーティファクト ⇒ 緑 ⇒ 青 の順だ。

 

 

 青には《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》が、緑には《壌土の幼生/Loam Larva(OGW)》がそれぞれ存在するため、無色マナベース構築においては他の色よりも一段階上回るかたちだ。

 

f:id:tenkoTCG:20160301164138p:plain f:id:tenkoTCG:20160301164153p:plain

(黒にも《コジレックの組み換え/Kozilek's Translator(OGW)》がいるが、個人的には5マナのマナソースはプレイアブルギリギリだと判断していた)

 

  

 

そんなことを考えながら対面の人と談笑して時間をつぶす。

店長から30分の構築時間の開始を告げられたところで、いざ、パック開封の儀。 

 

 

カードプール

 

出たレアはこんな感じ。

 

 

f:id:tenkoTCG:20160225151312p:plain f:id:tenkoTCG:20160225151421p:plain

f:id:tenkoTCG:20160225151610p:plain f:id:tenkoTCG:20160225151628p:plain

f:id:tenkoTCG:20160225151323p:plain

f:id:tenkoTCG:20160225152132p:plain f:id:tenkoTCG:20160225152150p:plain

 

 

 

 

最初に見えたのがプロモFoilの《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》で嬉しい。

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》もホクホク感ある引きだ。

あとはまあプール次第といったところ。

 

 

しかしゼンディカーのレア、どっちもバトランかよ……

まあいいけど……

 

 並べるとレアスペルの半数以上が無色マナを要求しており、とにもかくにもコモンアンコモンに無色マナベースが潤沢にあることを願いながらのプール確認となった。

 

 

はたしてその結果は……

 

 

 

 

  • 各色のうち、個人的に自分がデッキに入れたい順番にしてある。
  • 評価は絶対指標ではなく、その色のカードプールを踏まえた相対的なもの。
  • メインデッキに入れたくないカードは薄字にしてある。
  • 記事内で使われているカード画像は公式のカードイメージギャラリーより引用。

 

 

白 (プレイアブル13枚)

 

《タズリ将軍/General Tazri(OGW)》★R

《救援隊長/Relief Captain(OGW)》

《探検の猛禽/Expedition Raptor(OGW)》

 

《グリフィンの急使/Courier Griffin(BFZ)》

《落とし子縛りの魔道士/Spawnbinder Mage(OGW)》

《コーの絡め捕り/Kor Entanglers(BFZ)》

《真っ逆さま/Sheer Drop(BFZ)》

《マキンディの飛空士/Makindi Aeronaut(OGW)》

《コーの鎌使い/Kor Scythemaster(OGW)》

《アーファの守護者/Affa Protector(OGW)》

 

《鼓舞する突撃/Inspired Charge(BFZ)》

《力強い跳躍/Mighty Leap(OGW)》

《城砦化した塁壁/Fortified Rampart(BFZ)》

《石鍛冶の見習い/Stoneforge Acolyte(OGW)》

イオナの祝福/Iona's Blessing(OGW)》

 

(《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》)

 

 

 

 

青 (プレイアブル11枚+多色2枚)

 

《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》

《ウラモグの回収者/Ulamog's Reclaimer(BFZ)》

《氷の猛進/Rush of Ice(BFZ)》 

 

《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》

2*《重力に逆らうもの/Gravity Negator(OGW)》

《掃き飛ばし/Sweep Away(OGW)》

 

《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》

《古代ガニ/Ancient Crab(OGW)》

《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》

 

《難解な干渉/Abstruse Interference(OGW)》

《否認/Negate(OGW)》

 

( 《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage(OGW)》)

(《精神溶かし/Mindmelter(OGW)》)

 

 

黒 (プレイアブル15枚+多色1枚)

 

《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》

2*《忘却の一撃/Oblivion Strike(OGW)》

《吸血鬼の特使/Vampire Envoy(OGW)》

 

《音無く飛ぶもの/Silent Skimmer(BFZ)》

《静寂を担うもの/Bearer of Silence(OGW)》★R

《空の探索者/Sky Scourer(OGW)》

《ハグラへの撤退/Retreat to Hagra(BFZ)》

《コジレックの叫び手/Kozilek's Shrieker(OGW)》

《間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》

《ぬかるみの敵意/Mire's Malice(BFZ)》

 

《ニルカーナの暗殺者/Nirkana Assassin(BFZ)》

《終末の目撃/Witness the End(OGW)》

《搾取ドローン/Reaver Drone(OGW)》

《屍体の攪拌/Corpse Churn(OGW)》

 

(《精神溶かし/Mindmelter(OGW)》)

 

赤 (プレイアブル15枚+多色2枚)

 

《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》★Promo

《食い荒らす炎/Devour in Flames(OGW)》

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《巨岩投下/Boulder Salvo(OGW)》

《敵対/Turn Against(BFZ)》

 

《制止エルドラージ/Immobilizer Eldrazi(OGW)》

《コジレックの大口/Maw of Kozilek(OGW)》

《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator(OGW)》★R

《ヴァラクートの捕食者/Valakut Predator(BFZ)》

《好戦的な鞭尾/Belligerent Whiptail(BFZ)》

《凶暴な力/Brute Strength(OGW)》

《攻性エルドラージ/Eldrazi Aggressor(OGW)》

2*《火花魔道士の計略/Sparkmage's Gambit(OGW)》

 

《溶岩足の略奪者/Lavastep Raider(BFZ)》

《破壊的陥没孔/Consuming Sinkhole(OGW)》

 

(《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage(OGW)》)

(《林の喧騒者/Grove Rumbler(BFZ)》) 

 

緑 (プレイアブル13枚+多色1枚)

 

《産み落とす巨体/Birthing Hulk(OGW)》

《梢喰らい/Canopy Gorger(OGW)》

 

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

2*《網投げ蜘蛛/Netcaster Spider(OGW)》

《鞍背ラガーク/Saddleback Lagac(OGW)》

《ベイロスの仔/Baloth Pup(OGW)》

 

《膨れ鞘/Blisterpod(BFZ)》

《大自然の反撃/Elemental Uprising(OGW)》

《ムラーサの胎動/Pulse of Murasa(OGW)》

《収穫トロール/Harvester Troll(OGW)》

《模範提示/Lead by Example(OGW)》

《成長のうねり/Swell of Growth(BFZ)》

 

《イトグモの蔦/Vines of the Recluse(OGW)》

《回収蔦/Reclaiming Vines(BFZ)》

 

(《林の喧騒者/Grove Rumbler(BFZ)》) 

 

 

多色

 

《精神溶かし/Mindmelter(OGW)》

《林の喧騒者/Grove Rumbler(BFZ)》

《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage(OGW)》

 

無色

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》★R

《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》

《コジレックの先駆者/Kozilek's Pathfinder(OGW)》

《骨の鋸/Bone Saw(OGW)》

 

《荒地/Wastes(OGW)》

《窪み渓谷/Sunken Hollow(BFZ)》★R

《燃えがらの林間地/Cinder Glade(BFZ)》★R

《平穏なる広野/Tranquil Expanse(OGW)》

《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》

 

 

 

まさかの無色土地が《荒地/Wastes(OGW)》1枚のみ!

《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》と合わせて2枚。

青の《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》と合わせて3枚!

 

以上!

 

き、きっつ――――――

 

まさか《未知の岸/Unknown Shores(OGW)》も《崩壊する痕跡/Crumbling Vestige(OGW)》も《抵抗者の居住地/Holdout Settlement(OGW)》も引けないとは……。

 

f:id:tenkoTCG:20160301225351p:plain f:id:tenkoTCG:20160301225414p:plain

 

荒地をフェッチしてくれる緑のランパン系カードすら1枚も引けていない。

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》が足腰立たなくて泣いている。

 

仕方なくプールを色別に整理して順番に見ていく……

 

 

 

 

 

並べてみると、緑以外はどれもプレイアブルだということが分かる。青だけは枚数にハンデがあるため主色にはなりえないが、白・黒・赤はどれもメインを張れる質量だ。

 

 

白は完全に同盟者+支援アグロに特化したカードプール。 

《タズリ将軍/General Tazri(OGW)》で《救援隊長/Relief Captain(OGW)》をフェッチできるオサレな内容だ。

 

f:id:tenkoTCG:20160301225933p:plain f:id:tenkoTCG:20160301225940p:plain

 

生物のラインナップは完全にアグロに偏重しきっているため、アグロ以外は組めそうにないのが難点だ。

プールの内容的に、この色で一番強いのは《タズリ》から《救援隊長》を引っ張ってきて最後の押し込みをする動きなので、タッチにもあまり旨味がない。

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20160301230240p:plain f:id:tenkoTCG:20160304230054p:plain

 

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》を安定的に運用したければ、3枚目の無色マナベースを有する青の採用はなかば必須に見える。

 

《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》からの4ターン目《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》はゲームエンド級と呼んでいいキラームーブだろう。

 

ただ、枚数だけが単純に足りない。

2枚の《重力に逆らうもの/Gravity Negator(OGW)》など、マナカーブは3~4マナの必要域がちゃんと膨らんでいるものの、及第点以上のカードが7枚程度しかない。

 

残りの2~3枚は《古代ガニ/Ancient Crab(OGW)》や《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》など、デッキに入れないですむなら越したことないようなカードで埋め合わせを図るしかない内容になっている。

 

 

 

黒は除去が素晴らしい。

f:id:tenkoTCG:20160304230803p:plain f:id:tenkoTCG:20160304230948p:plain

               ×2な!

 

2枚の《忘却の一撃/Oblivion Strike(OGW)》あり、《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》ありと最高のラインナップ。

 

ただ反対に生物はパッとしない。どれも10点満点なら6~7点程度の布陣だ。飛行生物が揃っているのは嬉しいが、できればスペルを担当して生物は二色目で補強したいプールだ。

 

ただ、青と組むと《精神溶かし/Mindmelter(OGW)》が使えるのは注目点だ。

 

f:id:tenkoTCG:20160304231459p:plain

 

 

 

 

続く赤もまた、スペルの充実っぷりには特筆すべきものがある。

 

f:id:tenkoTCG:20160304231131p:plain f:id:tenkoTCG:20160304231122p:plain

 

 《食い荒らす炎/Devour in Flames(OGW)》、《巨岩投下/Boulder Salvo(OGW)》、《多勢/Outnumber(BFZ)》の優良火力三兄弟に、ちゃんとインスタントなレイコマこと《敵対/Turn Against(BFZ)》まである。

 

さらに主色にすれば《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》からおかわりまでもらえる。

ただ生物はアグロ用のものを多く引かされていて、これまた戦線を支える生物の内容にすこし不満がのこる布陣になっている。

 

 

緑は正直いってメインカラーにしたくない。

質量ともに足りないし、これといった強みがない。

生物がアグロ向けと散っていて、ミッドレンジを組むには枚数が届いていない。スペルと合わせてもデッキにすんなり入る枚数は6枚前後。

 

引いた土地の関係上タッチはいちばんしやすいが、そうして使えるのは《産み落とす巨体/Birthing Hulk(OGW)》ぐらいと、かろうじて3マナ格闘スペル《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》程度か。

 

f:id:tenkoTCG:20160304231953p:plain

 

 

 

まとめると、

  • 色を選ばない無色マナソースは《荒地》と《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》の2枚のみ。
  • は同盟者生物潤沢だがアグロしか組めない。タッチに旨味ない。
  • は枚数7~8枚で最低限だが、唯一無色マナソースを補強できる《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》がいる。
  • は除去は厚いが生物は及第点を越えない。
  • もスペルは厚いが生物はアグロとミッドレンジに散って、どちらも下限ギリギリ。
  • はタッチ専用。

 

そんなプールとにらめっこしながら、ベストな40枚の探求に入っていく。

 

構築 

 

いちばん最初に、いちばん素直に手なりで組んだデッキがの除去飛行だ

 

 

f:id:tenkoTCG:20160219145551j:plain

 

UB Destruction and Flyers

 

= 16 Creatures

《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》

《静寂を担うもの/Bearer of Silence(OGW)》

《空の探索者/Sky Scourer(OGW)》

《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》

《精神溶かし/Mindmelter(OGW)》

《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》

《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》

《吸血鬼の特使/Vampire Envoy(OGW)》

《コジレックの叫び手/Kozilek's Shrieker(OGW)》

2*《重力に逆らうもの/Gravity Negator(OGW)》

《音無く飛ぶもの/Silent Skimmer(BFZ)》

《ウラモグの回収者/Ulamog's Reclaimer(BFZ)》

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》 

《間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》

《コジレックの先駆者/Kozilek's Pathfinder(OGW)》

 

= 7 Spells

《氷の猛進/Rush of Ice(BFZ)》

《屍体の攪拌/Corpse Churn(OGW)》

《掃き飛ばし/Sweep Away(OGW)》

2*《忘却の一撃/Oblivion Strike(OGW)》

《終末の目撃/Witness the End(OGW)》

《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》 

 

= 17 Lands

8*《沼》 7*《島》 1*《荒地》

《窪み渓谷/Sunken Hollow(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

《否認/Negate(OGW)》

《古代ガニ/Ancient Crab(OGW)》

《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》

《ハグラへの撤退/Retreat to Hagra(BFZ)》

《ぬかるみの敵意/Mire's Malice(BFZ)》

 

紫色が採用を悩む20枚め前後のカード。

除去で致命的な攻勢を捌きつつ、細かい飛行クロックを刻みつづけて相手より早く差しきるデッキだ。

 

低マナ域が微妙に足りてなくて、《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》や《屍体の攪拌/Corpse Churn(OGW)》といった弱いカードが入っているのがイヤな感じだ。

 

f:id:tenkoTCG:20160308193437p:plain f:id:tenkoTCG:20160308193528p:plain

 

 《間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》や《コジレックの先駆者/Kozilek's Pathfinder(OGW)》も、できればもう少しデッキにフィットしたカードであってほしいところ。

 

《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》などは採用したいが、3マナ域は厚くて選別が難しい。

《ハグラへの撤退/Retreat to Hagra(BFZ)》なんかも強いカードだと思うが、クロックのベースが飛行だと接死付与の旨みが半減するので外す。

 

ただ後の反省の段で記すが、コンセプト的にあの生物はメインから採用するべきだったと感じる。

 

 

細部の詰めはまだまだだが、総じて70点くらいのデッキと見た。

つづいて別の色の組み合わせ、赤絡みを並べてみる。まずは青赤。

 

 

f:id:tenkoTCG:20160219144458j:plain

UR Tempo Aggro

 

= 15 Creatures

 

《溶岩足の略奪者/Lavastep Raider(BFZ)》

《嵐追いの魔道士/Stormchaser Mage(OGW)》

《制止エルドラージ/Immobilizer Eldrazi(OGW)》

《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》

《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》

《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator(OGW)》

《ヴァラクートの捕食者/Valakut Predator(BFZ)》

《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》

《攻性エルドラージ/Eldrazi Aggressor(OGW)》

2*《重力に逆らうもの/Gravity Negator(OGW)》

《コジレックの大口/Maw of Kozilek(OGW)》

 《好戦的な鞭尾/Belligerent Whiptail(BFZ)》

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》

《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》

 

= 8 Spells

《氷の猛進/Rush of Ice(BFZ)》

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《凶暴な力/Brute Strength(OGW)》

《火花魔道士の計略/Sparkmage's Gambit(OGW)》

《食い荒らす炎/Devour in Flames(OGW)》

《掃き飛ばし/Sweep Away(OGW)》

《敵対/Turn Against(BFZ)》

《巨岩投下/Boulder Salvo(OGW)》

 

= 17 Lands

8*《島》 8*《山》 1*《荒地》

 

 

23枚め以降のカード:

《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》

《ウラモグの回収者/Ulamog's Reclaimer(BFZ)》

《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》

 

ミッドレンジするには生物のクオリティが届かなくてアグロを組まざるを得ないのだが、それでも低マナ域の不足が目立つ。2マナのアタッカーがあと1枚いて欲しい。

並べてみると攻め手が細く、12点ぐらいしか削れなさそうな印象を受ける。

デッキコンセプトに対してマナカーブがフィットしていない、そのチグハグさが見ているだけでもどかしい。

 

 

最後に黒赤を組む。これまたミッドレンジが組めないのでアグロだ。

 

f:id:tenkoTCG:20160219145402j:plain

 

 

さすがに生物の層は青赤より厚い。青黒とは軸が違うが、まあ同程度の質だろう。

スペルに関して言えばもっとも充実している。生物をもっと入れたいのに抜くカードがなくて逆に困るほどだ。

 

ただ黒赤だと低マナ域のスペルが本当になくて《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》が活きにくく、しぶしぶ《凶暴な力/Brute Strength(OGW)》なんかを入れている。

f:id:tenkoTCG:20160308193611p:plain

(そのせいで《ハグラへの撤退/Retreat to Hagra(BFZ)》が押し出されてイヤな感じだ)

 

無色マナ供給源の問題から《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》を抜いているが、5マナ域の1シンボルに対してマナ供給源2枚ならさすがに入れてもいいかもしれない。判断が難しいが自分は事故は嫌いだ。

 

ただ、それでなくとも無色マナソース2枚でデッキ内のエルドラージが要求する多量の無色マナをきちんと運用できるとは思いがたい。

それで《コジレックの大口/Maw of Kozilek(OGW)》も抜いている(が、2/5というスペックだけで偉いので残すべきだった)。

 

f:id:tenkoTCG:20160308193740p:plain

 

スペルのラインナップにはいちばん興奮するものがあったが、それでも使えるカードの無色マナ要求量を考えると、《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》を抱える青は抜くべきではないという結論に至った。

 

 

 

それから、《窪み渓谷/Sunken Hollow(BFZ)》からタッチの可能性を検討して多色化した構築も検討する。

 

f:id:tenkoTCG:20160219145611j:plain

 

最初はURb(青赤タッチ黒)をひたすら煮詰めていたが、採用できるカードを比較した結果UBrになった。

(《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》と《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》の比較だ)

 

《食い荒らす炎/Devour in Flames(OGW)》も入れたいが、除去は十分に足りている。

個人的には《多勢/Outnumber(BFZ)》の方が好みだ。

 

基本的にタッチしても入れられるカードが除去ぐらいしかなく、そしてスペルは二色で必要量がまかなえてしまっている。

《荒地》を考えると実質4色デッキになるということもあり、U-B-Rでのタッチ多色はすっぱりプランから切り捨てることにした。

 

 

 

そして白絡みにも手をつける。

白赤、白青、白黒と順番に並べてみるが、やはり低マナ域がスカスカだ。

支援で押し込むアグロを組みたいプールなのだが、2マナ以下の生物が4枚前後しか入れられない厳しい並び。

 

それとプレリ段階だと新環境の速度がわからないのも大きい。

支援アグロがOGW環境でどの程度通用するのか、構築時点ではまったく検討もつかなかった。各種支援カードはどの程度の強さなんだろうか?

 BFZシールドだと地上は末裔の壁に阻まれる悪印象があり、それが白を選びにくい理由になっていた。

 

悩んだが最終的には前回と地続きな環境と信じ、白アグロの可能性はサイドに投げてメインは青黒飛行を据えることにした。

黒赤ともすこし悩んだが、やはり無色マナベースの安定を選んだ。

除去飛行というコンセプトの一貫性もいちばん高いように見える。

 

ここで構築時間は終了し、いざ対戦テーブルへ。

 

 

戦績

 

一試合目:WBcアグロ ×○○

 

地元の知り合いとまさかの遭遇。

相手は豊富な特殊地形から《作り変えるもの/Matter Reshaper(OGW)》などの入った白黒t無色アグロ。

 

第一ゲームは地上と空のライフレースの末にわずかに差し負け。

にゲーム目は《古代ガニ/Ancient Crab(OGW)》や《ぬかるみの敵意/Mire's Malice(BFZ)》を入れて相手よりマナカーブを一段落として挑む。

 

f:id:tenkoTCG:20160305204922p:plain

 

《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》+《ウラモグの回収者/Ulamog's Reclaimer(BFZ)》とかいう鬼神の如きコンボが途中で決まったこともあり、二ゲーム目三ゲーム目はつづけて取りかえすことができた。

 

f:id:tenkoTCG:20160305203006p:plain f:id:tenkoTCG:20160305203023p:plain

この環境、回収能力だけじゃなく2/5というサイズがかなりタフだ。

追加ターンまでもつれた接戦を制し、次の試合へ。

 

 

二試合目:BGランプ ××

 

完敗ですわぁ……。 

 

自分と違って豊富なマナソースから安定的に走ってくる《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》を《ベイロスの虚身/Baloth Null(OGW)》で回収されるという鬼殺しなデッキ。

 

f:id:tenkoTCG:20160305204209p:plain

 

《ゼンディカーの代弁者、ニッサ/Nissa, Voice of Zendikar(OGW)》やらなにやら、合計5枚くらいレアが入ってた。

心折れる~

 

二ゲーム目は質で上回る相手にミッドレンジ勝負してもしょうがないってことで、青赤のテンポアグロで挑む。

が、まるでダメ。先手なのに《現実を砕くもの》を前に守勢を強いられつづけるという悲しい展開。現実砕かれる~

 

そんな感じで二ゲームとも速攻で終わる。

時間が余ったのでちまちまメインボードを調整し、最終戦、第三試合へ。

 

 

三試合目:BGランプ  ×○×

 

すごいランプされて ウラモグに食べられました。×2

やはり攻め手が細く、ライフ半分ほど削ったところで息切れし、あとは相手の得意な時間帯に付き合わされるような展開が多かった。

 

 

結果○○×××○×、で1-2。

これが現実っ……!

 

おつかれさまでした。 

 

 

 

反省

 

戦績は不甲斐ないものだったが、調整をつづけた結果青黒の最終的なレシピはこんな感じになった。

 

 

UB Destruction and Flying

 

= 15 Creatures

 

《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》

《静寂を担うもの/Bearer of Silence(OGW)》

《空の探索者/Sky Scourer(OGW)》

《精神溶かし/Mindmelter(OGW)》

《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》

《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》

《吸血鬼の特使/Vampire Envoy(OGW)》

《古代ガニ/Ancient Crab(OGW)》

2*《重力に逆らうもの/Gravity Negator(OGW)》

《音無く飛ぶもの/Silent Skimmer(BFZ)》

《ウラモグの回収者/Ulamog's Reclaimer(BFZ)》

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》 

《間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》

《コジレックの先駆者/Kozilek's Pathfinder(OGW)》

 

= 8 Spells

《氷の猛進/Rush of Ice(BFZ)》

《屍体の攪拌/Corpse Churn(OGW)》

《否認/Negate(OGW)》

《掃き飛ばし/Sweep Away(OGW)》

2*《忘却の一撃/Oblivion Strike(OGW)》

《終末の目撃/Witness the End(OGW)》

《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》 

 

= 17 Lands

8*《沼》 7*《島》 1*《荒地》

《窪み渓谷/Sunken Hollow(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

《搾取ドローン/Reaver Drone(OGW)》

《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》

《コジレックの叫び手/Kozilek's Shrieker(OGW)》

《ぬかるみの敵意/Mire's Malice(BFZ)》

 

変更点

  • 《コジレックの叫び手/Kozilek's Shrieker(OGW)》⇒《古代ガニ/Ancient Crab(OGW)》
  • 《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》⇒《否認/Negate(OGW)》

 

地上を除去でいなして飛行クロックを刻み続けてライフレースを制するデッキなのだから、地上を止める壁役としてカニを入れたほうが確実に良かった。

そのほうがコンセプトを徹底できている。

《ウマーラの絡め捕り》は中盤以降トップで引かされると弱い。《否認》はぼやっとしたカードなのであまり好きではないが、飛行クロックを守るために入れることにした。

 

 

それから支援アグロは自分が想定したよりもプレイアブルだった。

したがって、白絡みアグロを実戦で試さなかったのは今回のプレリで最大のミスだったと言える。

家に帰ってからざっと組み上げた白赤と白青のリストを書き残しておく。

 

f:id:tenkoTCG:20160221233914j:plain

 

WR Support Aggro

 

= 16 Creatures

 

《溶岩足の略奪者/Lavastep Raider(BFZ)》

《制止エルドラージ/Immobilizer Eldrazi(OGW)》

《マキンディの飛空士/Makindi Aeronaut(OGW)》

《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》

《コーの鎌使い/Kor Scythemaster(OGW)》

《エルドラージの寸借者/Eldrazi Obligator(OGW)》

《ヴァラクートの捕食者/Valakut Predator(BFZ)》

《アーファの守護者/Affa Protector(OGW)》

《攻性エルドラージ/Eldrazi Aggressor(OGW)》

《救援隊長/Relief Captain(OGW)》

《グリフィンの急使/Courier Griffin(BFZ)》

《落とし子縛りの魔道士/Spawnbinder Mage(OGW)》

《好戦的な鞭尾/Belligerent Whiptail(BFZ)》

《タズリ将軍/General Tazri(OGW)》

《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》

《探検の猛禽/Expedition Raptor(OGW)》

《コーの絡め捕り/Kor Entanglers(BFZ)》

 

= 7 Spells

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《力強い跳躍/Mighty Leap(OGW)》

《食い荒らす炎/Devour in Flames(OGW)》

《真っ逆さま/Sheer Drop(BFZ)》

《敵対/Turn Against(BFZ)》

《巨岩投下/Boulder Salvo(OGW)》

 

= 17 Lands

7*《平地》 8*《山》 1*《荒地》

 《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》

《鼓舞する突撃/Inspired Charge(BFZ)》

《凶暴な力/Brute Strength(OGW)》

《コジレックの大口/Maw of Kozilek(OGW)》

《石鍛冶の見習い/Stoneforge Acolyte(OGW)》+《骨の鋸/Bone Saw(OGW)》パッケージ

 

青赤でテンポ組むより、どう考えても白赤で同盟者アグロ組んだほうが断然強かった。

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》が入らなくても十二分なパワーを感じる。並べたのを見るだけで、勝ちの図がきちんと思い浮かぶような生物の層の厚さだ。

 

画像では《コジレックの大口/Maw of Kozilek(OGW)》になってるけどマナカーブと支援の関係的に1マナ落とした《攻性エルドラージ/Eldrazi Aggressor(OGW)》の方が良さそうに見える。

 

タッパーと《ゴブリンの闇住まい/Goblin Dark-Dwellers(OGW)》いるから《真っ逆さま/Sheer Drop(BFZ)》入れてるけど、勝利へ直進できる《鼓舞する突撃/Inspired Charge(BFZ)》のほうがいいかも。

 

 

 

 つづいて白青。

 

f:id:tenkoTCG:20160221234430j:plain

WU Ally Tempo Aggro

 

= 17 Creatures

《石鍛冶の見習い/Stoneforge Acolyte(OGW)》

《マキンディの飛空士/Makindi Aeronaut(OGW)》

《ウマーラの絡め捕り/Umara Entangler(OGW)》

《面晶体の這行器/Hedron Crawler(OGW)》

《コーの鎌使い/Kor Scythemaster(OGW)》

《耕作ドローン/Cultivator Drone(OGW)》

《アーファの守護者/Affa Protector(OGW)》

《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》

《救援隊長/Relief Captain(OGW)》

《グリフィンの急使/Courier Griffin(BFZ)》

2*《重力に逆らうもの/Gravity Negator(OGW)》

《落とし子縛りの魔道士/Spawnbinder Mage(OGW)》

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》

《タズリ将軍/General Tazri(OGW)》

《探検の猛禽/Expedition Raptor(OGW)》

《コーの絡め捕り/Kor Entanglers(BFZ)》

 

= 6 Spells

《骨の鋸/Bone Saw(OGW)》

《氷の猛進/Rush of Ice(BFZ)》

《掃き飛ばし/Sweep Away(OGW)》

《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》

《真っ逆さま/Sheer Drop(BFZ)》

イオナの祝福/Iona's Blessing(OGW)》

 

= 17 Lands

8*《島》 7*《平地》 1*《荒地》

 《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

《城砦化した塁壁/Fortified Rampart(BFZ)》

《鼓舞する突撃/Inspired Charge(BFZ)》

《力強い跳躍/Mighty Leap(OGW)》

 

これは白赤と比べるとプレイアブルギリギリかな……。

マナカーブがもっさりしすぎているのと、《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》のような合わないカードが入っているのがマイナス点。

《現実を砕くもの/Reality Smasher(OGW)》を出しやすいのだけが唯一の優位性と言える。

 

回避能力持ちが多いので、《骨の鋸/Bone Saw(OGW)》と《イオナの祝福/Iona's Blessing(OGW)》を実験的に投入しているのだが、これまた素直に《鼓舞する突撃/Inspired Charge(BFZ)》でいいかも。

 

 

個人的な構築の反省点はこんな感じ。

これだけのことを書くのにずいぶん時間がかかってしまったな……(ただいまプレリから約二ヶ月後)

 

ともかくBFZブロックのプレリもこれで遊び納め。

ランプとテンポが両立したユニークな環境だった。

 

ではでは、

次回のイニストラードを覆う影プレリ(4月3-4日)でまたお会いしましょー。

 

 

 

 

 

プレリレポ記事の一覧

 

【デッキ構築型カードゲーム】 Ascension: Dreamscape 新システム「ドリーム」紹介

 

 

10月2日。

公式ホームページにて、アセンション/Ascension 9番目の拡張セットとなるDreamscape(ドリームスケープ)の特別プレビューがありました。

 

First Look – Ascension: Dreamscape | Ascension

 

John Fiorilloによる新規メカニズムの案内記事です。

 

ここで新たに紹介された「ドリーム/Dream」「夢生まれ/Dreamborn」「啓示点/Insight」のシステムについて、カンタンに解説します。

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151014152320j:plain

 

渦識の歩哨/Brainstorm Sentry

コスト:[3 Insight]

種別:メカーナ ドリーム ヒーロー

効果:あなたがコントロールするメカーナのコンストラクト1つにつき、+1ルーンと+1パワー。

 

これがDreamscapeで登場する新カードタイプ、「ドリーム」のカードです。

ドリームカードは中央デッキに加えません。

おそらくその判別のため、ドリームカードは外枠が金色になっています。

 

 

ゲーム開始時に、各プレイヤーは全ドリームカードの中からランダムに5枚を裏向きで配られます。

(前作Dawn of Championsの、セットアップ前のチャンピオンカードの配布みたいな感じ)

 

自分に配られたドリームカードを確認し、そのうち3枚を選んで裏向きのまま残し、選ばなかった2枚をゲームから取り除きます。

 

この裏向きの3枚が自分の「ドリームスケープ」になります。ゲーム中、自分のターンならいつでも、コストを支払うことで自分のドリームスケープのカードを獲得することができます。

 

Dreamscapeでは中央列のカードに加えて、自分のドリームスケープのカードもピックできるわけです。

 

ゲーム中確認できるのは自分のドリームスケープのカードだけですし、獲得できるのも自分のドリームスケープのカードだけです。

つまり、自分専用の中央列が3枠追加でもらえるというわけですね。

 

ピックを誰からも妨害されないので、ドリームスケープのカードは自分のデッキ構築プランに確実に組み込むことができます。

 

 

 

ドリームカードの獲得はルーンではなく、今回新たに導入された「啓示点/Insight」をコスト分支払うことでのみ行なえます。

 

ではその啓示点、いったいどうやってゲットするのかというと……

 

これまた今回新たに登場した新能力、「夢生まれ/Dreamborn」を持つカードを使います。

 

 

f:id:tenkoTCG:20151014152340j:plain

野生なるヴェルダグリス/Verdagris, the Wild

コスト:7ルーン

種別:ライフバウンド ヒーロー

効果:夢生まれ

+4ルーン。

このターン、あなたがヒーローを獲得するたび、あなたはそのカードの栄誉点☆に等しい数の啓示点を得る。

 

         ジャーン

 

これが「夢生まれ/Dreamborn」カードです。

タイプ行の下に美麗な装飾で「DREAMBORN」と書いてあるのがそれです。

夢生まれは以下の特殊な能力を持ちます。

 

・「夢生まれ」を持つカードが中央列に配置されたとき、各プレイヤーは啓示点を1点得ます。(FATEみたいなもの)

・「夢生まれ」を持つカードを誰かが獲得したとき、そのプレイヤーは啓示点を1点得ます。

 

なので1枚の夢生まれで最大2点の啓示点をゲットすることができます(※ただし獲得した一人だけ)。

 

 

ルーン以外のリソースをゲットするという仕組みは4弾Rise of Vigilで登場したトレジャー/エナジーを彷彿とさせます。

(実際、上の公式紹介記事でも「啓示点はトレジャーの問題点アップデート版」という風に触れています)

 

 

ただ啓示点とエナジーの最大の違いは、啓示点はターン終了時に消滅せず、ゲーム中永続するということです。

なので1点ずつコツコツためて、大きなドリームカードを1点買いすることも可能なわけです。

 

たとえばこのような……

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151014152354j:plain

ナイリの祝福/Nairi's Blessing

コスト:10啓示点

ライフバウンド ドリーム ヴィジョン

効果:このターン、あなたが3枚以上のライフバウンド・ヒーローをプレイしていた場合、あなたはこのカードをコストを支払うことなく獲得してもよい。

+10栄誉点☆を得る。

永続:各ターン、あなたはライフバウンド・ヒーローをすでに1体プレイしたものとして扱う。

 

《ナイリの祝福》は、これまた新タイプ「ヴィジョン」を持つカードです。

これについては公式ホームページにもまだ説明はありませんが、

テキストを読むかぎりOngoing Trophyみたいなもんと考えておいて大ハズレはしなさそうです。要するに、

 

コストを支払って獲得した場合、ただちに効果を発揮した後、デッキに加えずにそのまま手元に置いて永続効果を適用しつづける…

 

みたいなカードなんだと思われます、多分。

 

下の永続効果は、カンタンにいえば常時Unite状態になるということですね。

☆10もインパクトありますが、下の効果もライフバウンド濃い目のデッキを組んでいる時はなかなか強烈です。

 

 

こんな感じで、ドリームカードはどれもアーキタイプドラフト(所属固め取り)を推奨する効果持ちになっています。

 

初期配牌の5枚からどの3枚をドリームスケープに残すか、かなり悩ましい選択になりそうです。

でもたぶん同じ所属のカードを残してドリームスケープでもアーキタイプ特化させとくのがベターかなという感じはしますね。

 

 

 

 

Kickstarterでは、こんなカードも特別にプレビューされてました。

 

f:id:tenkoTCG:20151014152407j:plain

縛りなき密使/Unbound Emissary

コスト:15ルーン

種別:エンライテンド ヒーロー

効果:夢生まれ

このカードの獲得に際し、あなたの啓示点をルーンであるかのように支払ってもよい。

中央列またはあなたのドリームスケープにあるカードを好きな枚数、コストを支払わずに獲得または撃退する。

 

 超ド派手……ザ・ロマン砲ですね。

コイツ自体が夢生まれなので、実質コストは14とも考えられます。

これが現実的なコストかどうかは、中央デッキに含まれる夢生まれの比率次第ですね。

 

 

そんなわけで続報があればまたこのブログで紹介する予定です。

 

 

上の公式HPのプレビュー記事も中身が面白かったんで翻訳しようかなと思います。

twitterで大まかな部分は翻訳しましたが)

 

「なぜドリーム/啓示点はこんなデザインになったのか」というデザイナーズノート的な内容になってます。

 

なので、まて続報です。

 

 

 

関連記事

【MTG】戦乱のゼンディカー 土曜プレリ二回目レポ どの色が正解よ……?

今回のプレリハイライト:

 

f:id:tenkoTCG:20151009180527j:plain

キオーラさんの謎キャッチ画像

 

 

前回:

 

 

 

ドラーナさん無双してきた昼の勢いに乗り、そのまま土曜夕方のBFZプレリにも参加してきた。

参加人数は18人ぐらい。スイスドロー3回戦で、17時スタートの21時終了。

 

コンポーネントの変更とか環境の事前印象とかは前回に全部書き切ったので、このエントリではプールと構築を記録する程度にとどめる。

 

 

 

前回の結果(全勝)をうけて自分の環境予想に自信を持てたので、今回も同じく緑青+αのエルドラージランプを狙う。

 

今回からプレリパックの色選択がなくなったので、環境一強のアーキタイプを発見できた場合にはそれを複数のプレリを通して使い倒す可能性が大きくなった。

 

 

 

 

ちなみに今回ちょっとしたトラブルがあり、構築時間を大幅にロスしてのスタートになってしまった。

てゆーかぶっちゃけ前回使ったスリーブ80枚を外してなかったんで構築時間中に10分くらいかけて用意したってだけなんですけど……(恥死)

 

そしてそーいう時ってたいてい他のちょっとしたことにもつまづくもんで、外箱のビニールも5分くらいずーっと外せなくってカリカリやってたの……

 

他の参加者のみなさんがカードを机に並べ出してるころになってもずーっと外箱をカリカカリカリやってた……

 

 

 

なにやってんだおまえ

 

 

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151009180527j:plain

 30秒で伏線回収

 

 

 

まあそんなこんなありまして、構築時間30分のうち10分くらいカリカカリカリ格闘したすえなんとか全パック開封完了。

(この時点でスリーブ外しと合わせて構築時間が残り10分しかないというヤバさ)

 

 

まあまあ焦りつつも各色順番に並べ替え完了。

以下カードリスト。

  

 

カードプール

  • 各色のうち、個人的に自分がデッキに入れたい順番にしてある。
  • 評価は絶対指標ではなく、その色のカードプールを踏まえた相対的なもの。
  • メインデッキに入れたくないカードは薄字にしてある。
  • 記事内で使われているカード画像は公式のカードイメージギャラリーより引用。

 

 

 

まず 出たレアが

 

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151002003255p:plain f:id:tenkoTCG:20151002003316p:plain

f:id:tenkoTCG:20151002003306p:plain

f:id:tenkoTCG:20151002003336p:plain f:id:tenkoTCG:20151002003534p:plain

f:id:tenkoTCG:20151002003410p:plain f:id:tenkoTCG:20151002003419p:plain

 

 

一番最初に見えたのがプロモの《待ち伏せ隊長、ムンダ》 で最後に見えたのがキオーラさんだったんだけど、

ガッカリするとか嬉しいとかそういう感情もなく、この時はただただ残り時間がヤベエ!

という焦りしかなかった。

 

黒レア3枚の固め引き、と「これは黒確定か?」と思わせる内容。

だが、そこに罠が潜んでいた……(後半へつづく)

 

 

とにかく、カードプールはこちら。

 

 

白 (プレイアブル11枚+多色3枚)

 

《停滞の罠/Stasis Snare(BFZ)》

《オンドゥの大角/Ondu Greathorn(BFZ)》

《グリフィンの急使/Courier Griffin(BFZ)》

《大物潰し/Smite the Monstrous(BFZ)》

《物静かな使用人/Serene Steward(BFZ)》

《取り囲む地割れ/Encircling Fissure(BFZ)》

《コーの懲罰者/Kor Castigator(BFZ)》

《石術師の焦点/Lithomancer's Focus(BFZ)》

《絶壁の見張り/Cliffside Lookout(BFZ)》

 2*《天使の贈り物/Angelic Gift(BFZ)》

《鼓舞する突撃/Inspired Charge(BFZ)》 

 

(《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》)

 

 

青 (プレイアブル12枚+多色3枚)

 

《風乗りの巡回兵/Windrider Patrol(BFZ)》

《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner(BFZ)》

《波に漂うもの/Tide Drifter(BFZ)》

《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm(BFZ)》

《掴み掛かる水流/Clutch of Currents(BFZ)》

《巻き締め付け/Tightening Coils(BFZ)》

《雲マンタ/Cloud Manta(BFZ)》

《培養ドローン/Incubator Drone(BFZ)》

《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》

《謎めいた巡行者/Cryptic Cruiser(BFZ)》

《予期/Anticipate(BFZ)》

《乱動魔道士の計略/Roilmage's Trick(BFZ)》

2*《輝く光波/Brilliant Spectrum(BFZ)》

《払拭/Dispel(BFZ)》

 

 

黒 (プレイアブル13枚+多色1枚)

 

《破滅の道/Ruinous Path(BFZ)》★R

《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》

《グール・ドラズの監視者/Guul Draz Overseer(BFZ)》★R

《泥這い/Sludge Crawler(BFZ)》

《音無く飛ぶもの/Silent Skimmer(BFZ)》

《淘汰ドローン/Culling Drone(BFZ)》

《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》★R

間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》

《精神を掻き寄せるもの/Mind Raker(BFZ)》

《カラストリアの癒し手/Kalastria Healer(BFZ)》

《ぬかるみの敵意/Mire's Malice(BFZ)》

《従順な復活/Dutiful Return(BFZ)》

《大食の虚身/Voracious Null(BFZ)》

《祭壇の刈り取り/Altar's Reap(BFZ)》

 

 

 

赤 (プレイアブル15枚+多色1枚)

 

《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》★R

《虚空の接触/Touch of the Void(BFZ)》

《不快な集合体/Vile Aggregate(BFZ)》

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《マキンディの滑り駆け/Makindi Sliderunner(BFZ)》

《好戦的な鞭尾/Belligerent Whiptail(BFZ)》

《コジレックの歩哨/Kozilek's Sentinel(BFZ)》

《棘撃ちドローン/Nettle Drone(BFZ)》

《ヴァラクートの発動者/Valakut Invoker(BFZ)》

《オンドゥの勇者/Ondu Champion(BFZ)》

《沸き立つ大地/Boiling Earth(BFZ)》

《アクームの石覚まし/Akoum Stonewaker(BFZ)》

《穴掘り土百足/Tunneling Geopede(BFZ)》

《命知らずの群勢/Reckless Cohort(BFZ)》

《面晶体の掘削者、ザダ/Zada, Hedron Grinder(BFZ)》★R

《火山の隆起/Volcanic Upheaval(BFZ)》 

 

(《そびえる尖頂/Looming Spires(BFZ)》)

 

緑 (プレイアブル11枚+多色2枚)

 

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《生命湧きのドルイド/Lifespring Druid(BFZ)》

《末裔の呼び出し/Call the Scions(BFZ)》

《オラン=リーフの発動者/Oran-Rief Invoker(BFZ)》

《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid(BFZ)》

《タジュールの獣使い/Tajuru Beastmaster(BFZ)》(Foil

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

《大地の武装/Earthen Arms(BFZ)》

《成長のうねり/Swell of Growth(BFZ)》

《鎌豹/Scythe Leopard(BFZ)》

2*《垂直落下/Plummet(BFZ)》

 

 

多色

 

《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths(BFZ)》★MR

《ウラモグの失却させるもの/Ulamog's Nullifier(BFZ)》

《乱動の噴出/Roil Spout(BFZ)》

《林番のドルイド/Grovetender Druids(BFZ)》

《待ち伏せ隊長、ムンダ/Munda, Ambush Leader(BFZ)》★P

 

 

無色

 

《面晶体の記録庫/Hedron Archive(BFZ)》

《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《面晶体の刃/Hedron Blade(BFZ)》

 

《進化する未開地/Evolving Wilds(BFZ)》

《繁殖苗床/Spawning Bed(BFZ)》

《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》

 

 

 

 

プールを眺めてみてわかる衝撃の事実。

エルドラージがいない。

 

ていうか6マナ以上のファッティが2枚しかない。

 

f:id:tenkoTCG:20151002190307p:plain f:id:tenkoTCG:20151002180325p:plain

 

あんだけランプランプと主張しておいて肝心の中身がこれ……

 

なんだこのプール!?(驚愕)

 

 

例のSEが脳内で鳴り響くが、ともかくプールを精査する。

 

並べてみると赤はもっとも枚数が揃っており、特にベースとなる3マナ生物の品揃えは群を抜いている。

ただし全体的にアグロ寄り。

 

 

緑は接着剤みたいなカードが多く、ボムがない。どのマナ域も70点ぐらいのプール。

ただ末裔生成カードが2種類あり《グール・ドラズの監視者》《タジュールの獣使い》などの全体強化と組み合わせられる。

 

f:id:tenkoTCG:20151002180314p:plain f:id:tenkoTCG:20151002190523p:plain

 

 

 

プールの指向性が一番まとまっているのが青だ。

テンポ飛行を組めと言わんばかりのプール。

 

f:id:tenkoTCG:20151002181154p:plain f:id:tenkoTCG:20151002181200p:plain

地上を止めて 飛行でドーン!

 

ただ枚数は構築可能ギリギリで、スペルもそんなに強くない。

プール全体での底上げがあるものの、個々のカードパワーはそこまで高くない印象。

 

 

 

 

白は単純に生物の枚数不足がいかんともしがたい。

多色を絡めた赤白t緑・緑白t赤 同盟者の形が見えなくもないが、赤緑の劣化品にしかならなそう。

悪いけど早々に面晶体(空き箱)にお帰りいただこう……

 

 

大トリに期待の黒……だったが、これはパワーカードが多いがダブルシンボルも多い。

マナカーブも歯抜け気味で、主に2~3マナ域の基本的な生物が足りない。

つまりタッチには使いにくく、メインにするにも疵瑕がある。

 

f:id:tenkoTCG:20151002184845p:plain f:id:tenkoTCG:20151002184918p:plain

 

 

 

ここからの色選択に悩みぬく。

ボムは黒だが、柱が多いのは赤。ただし赤はアグロ寄りで、ランプ気味の色は相方にできない……。

 

ここで黒をスパッと切って色選択をもっと多面的に考えられたら良かったのだが、

構築時間ロスの焦り+前出の3枚のレアに引きずられ、どうにも黒中心の構築にこだわりつづけてしまった。

(結果どうなってしまったかはすぐ明らかに)

 

 

構築 

 

というわけで最初に組んだデッキがこちら。

 

f:id:tenkoTCG:20151002122224j:plain

 

 

UBr Flyers Midrange

 

= 13 Creatures (+2 Awakens)

《泥這い/Sludge Crawler(BFZ)》

《波に漂うもの/Tide Drifter(BFZ)》

《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner(BFZ)》

《水底の潜入者/Benthic Infiltrator(BFZ)》

《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》

《培養ドローン/Incubator Drone(BFZ)》

《雲マンタ/Cloud Manta(BFZ)》

《音無く飛ぶもの/Silent Skimmer(BFZ)》

《ウラモグの失却させるもの/Ulamog's Nullifier(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《風乗りの巡回兵/Windrider Patrol(BFZ)》

《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》

《グール・ドラズの監視者/Guul Draz Overseer(BFZ)》

 

= 10 Spells

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《掴み掛かる水流/Clutch of Currents(BFZ)》

《予期/Anticipate(BFZ)》

《巻き締め付け/Tightening Coils(BFZ)》

《破滅の道/Ruinous Path(BFZ)》

《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》

《虚空の接触/Touch of the Void(BFZ)》

《面晶体の記録庫/Hedron Archive(BFZ)》

《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

 

= 17 Lands

7*《島》 7*《沼》 1*《山》

《そびえる尖頂/Looming Spires(BFZ)》

《進化する未開地/Evolving Wilds(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

《淘汰ドローン/Culling Drone(BFZ)》

《精神を掻き寄せるもの/Mind Raker(BFZ)》

間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》

 

《沸き立つ大地/Boiling Earth(BFZ)》 

 

《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm(BFZ)》

《謎めいた巡行者/Cryptic Cruiser(BFZ)》

 

《繁殖苗床/Spawning Bed(BFZ)》

 

 

紫色が採用を迷う20枚目前後のカード。

青黒のフライヤーミッドレンジにタッチ赤、そして積めるだけの除去という装い。

 

 

f:id:tenkoTCG:20151003164646p:plain f:id:tenkoTCG:20151003194909p:plain

 

画像だと《予期》《多勢》になっているが、一番最初の時点だと《淘汰ドローン/Culling Drone(BFZ)》と《沼》だった。

 

つまり土地18枚だったのだが、この構築でそんだけの土地を入れてどこにつぎ込むつもりだったんだよ……という感じ。

(マナの行き先=エルドラージがいないのに、相手と土地並べ勝負になって勝てるわけがない)

 

もっと言えば《培養ドローン》は《謎めいた巡行者》ですね、絶対……。

トークン生成は《グール・ドラズの監視者》とシナジーするから抜きにくかったが、単体でハメ勝ち筋を作れる巡行者のほうが明確に上だった。

 

 

それと《予期》は《サテュロスの道探し》的な土地フェッチャー、色事故防止要員として入れているけど、ここやっぱり《淘汰ドローン》入れるべきだ。

 

 

 

このあたり、テンポしたいのかコントロールしたいのか中途半端なリストなのがよーくわかる。

 

 

そもそもファッティがいない以上テンポを意識したデッキを組むしかないのだが、前回のプレリの全勝が尾を引いて、どうにもランプ気味な構築を指向してしまう。

 

 

とはいえ構築しながら自分でもしっくり来ていないのは明らかで、

「違うよなあ……こうじゃないよなあ……」とモヤモヤしながら別の構築を模索しはじめる。

 

しかし、この時点で残り構築時間7分(そしてまだスリーブも入れていないの……)

 

 

そんな八方塞がりな状況で、次に組んだデッキがこちら。

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151004163253j:plain

 

 

GBr Tokens Midrange

 

= 14 Creatures (+2 Awakens)

《泥這い/Sludge Crawler(BFZ)》

《淘汰ドローン/Culling Drone(BFZ)》

《オラン=リーフの発動者/Oran-Rief Invoker(BFZ)》

《生命湧きのドルイド/Lifespring Druid(BFZ)》

《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

《末裔の呼び出し/Call the Scions(BFZ)》

《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《精神を掻き寄せるもの/Mind Raker(BFZ)》

《音無く飛ぶもの/Silent Skimmer(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》

《タジュールの獣使い/Tajuru Beastmaster(BFZ)》

《グール・ドラズの監視者/Guul Draz Overseer(BFZ)》

 

= 8 Spells

《沸き立つ大地/Boiling Earth(BFZ)》

《破滅の道/Ruinous Path(BFZ)》

《苦い真理/Painful Truths(BFZ)》

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

《虚空の接触/Touch of the Void(BFZ)》

《面晶体の記録庫/Hedron Archive(BFZ)》

《荒廃の一掴み/Grip of Desolation(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

 

= 18 Lands

7*《森》 8*《沼》 1*《山》

《そびえる尖頂/Looming Spires(BFZ)》

《進化する未開地/Evolving Wilds(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

《大地の武装/Earthen Arms(BFZ)》

 

間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》

 

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《沸き立つ大地/Boiling Earth(BFZ)》

 

《面晶体の刃/Hedron Blade(BFZ)》

《繁殖苗床/Spawning Bed(BFZ)》

 

 

画像だと《間欠泉の忍び寄り》がメインに入っているが、実際にはこのスロットにやっぱり《淘汰ドローン》を入れていた。

 

それなのに……ランプの行き先がないのに……また土地18枚……

何やってんだおまえ……。

 

どーせ土地18ならせめて《沼》1枚を《繁殖苗床》にでもすればいいのだけど、黒マナダブルシンボル捻出が不安で外しているというナメ腐った構築。

 

というかこの構成だと、6マナに到達した段階で相手のライフにある程度プレッシャーをかけられていないとダメだろう。 

 

除去でちまちま1:1交換しつつ、場が空いたらパンチを通して……なんてノンビリした勝利プランだと、

終盤エルドラージの質量差で押し負ける(なにせこちらは1枚も持っていない)に決まっているわけで。

 

  • 《沼》⇒間欠泉の忍び寄り》
  • 《異常な攻撃性》⇒《大地の武装》

 

たぶんこうするのがまだベターだったと思う。

除去を削ってでも、強引に戦端を開いて相手ライフを致死圏内に落としこむプランが必要になるはずだ。

 

 

 

 

と、以上の二つの構築を組み上げたところで、非情にも構築時間のブザーが鳴る。

 

 

ぐええええええええマジか……

まだ赤絡みのアグロとかチェックしてもいねーんだけど……

 

 

 

絶望的にしっくりきてない状態のまま、対戦に臨むハメに……(自業自得じゃ)

 

 

メインデッキは青黒t赤 嚥下。

さてさてどうなることやら……。

 

戦績

 

一試合目:黒緑ミッドレンジ

 

《泥這い》、《淘汰ドローン》とテンポよく展開してビート。

すると相手は4ターン目ぐらいまで土地しかプレイせずサンドバッグ。

虎の子を《ウラモグの失脚させるもの》でカウンターするとそのまま決着。

 

 f:id:tenkoTCG:20151003222803p:plain

 

 

ほとんど相手のデッキが見れなかったためにサイドプランもなにもない。

せっかくなので青黒と具合を比較するため、二番目に組んだ黒緑t赤に組み替えてみることにした。

 

 

第二ゲーム。

互いにマリガン。

今度は相手が《泥這い》で先行する展開。

色マナにトラブルを抱えて対処が遅れ、結局こいつ一匹に7点ぐらい稼がれてそのまま強引に押し切られたかたち。

最終的には《ムラーサの緑守り》とかいうヤバイカードが着地して死亡。

 

 

第三ゲーム。

マナフラ気味の初手をミスキープする、とそのまま土地しか引かず。

相手20ライフのままカンペキ悔死。

 

 

○×× 0-1

 

 

 

 

二試合目:青黒コントロール

 

二番目に組んだ緑黒t赤の感触が良かったのでこちらをメインにする。

やはり相手の序盤の動きがぬるく、クロックで先行してそのまま削り切る。

フィニッシュはトークン+《グール・ドラズの監視者/Guul Draz Overseer(BFZ)》+《進化する未開地/Evolving Wilds(BFZ)》での13点パンチ。

 

 

相手のデッキにドラーナが見えたので、《垂直落下/Plummet(BFZ)》を2枚サイドインしての2ゲーム目。

 

ウワサをすれば……という感じで登場したドラーナにライフを5点削られるが《垂直落下/Plummet(BFZ)》が届く。

そのまま1ゲーム目と同じような並べ合い、にらみ合いの展開になる。が、これまた同じようにトークン+全体パンプ必殺勝利。

 

 

 

 

○○ 1-1

 

 

 

 

 

 

 

 

試合がサクサク進んだため、次の試合開始まで30分ほど時間に余裕が生まれた。

悲願待望のアディショナルタイムだ。

急いでカードの束を取りだして広げ、赤絡みアグロのプランを見つけ出そうと試みる。

 

するとこんな感じの赤緑上陸アグロが組み上がった。

 

f:id:tenkoTCG:20151003194241j:plain

 

 

 RG Landfall Aggro

 

= 16 Creatures (+2 Awakens)

《オラン=リーフの発動者/Oran-Rief Invoker(BFZ)》

《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid(BFZ)》

《マキンディの滑り駆け/Makindi Sliderunner(BFZ)》

《アクームの石覚まし/Akoum Stonewaker(BFZ)》

《コジレックの歩哨/Kozilek's Sentinel(BFZ)》

《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》

《不快な集合体/Vile Aggregate(BFZ)》

《末裔の呼び出し/Call the Scions(BFZ)》

《穴掘り土百足/Tunneling Geopede(BFZ)》

《棘撃ちドローン/Nettle Drone(BFZ)》

《好戦的な鞭尾/Belligerent Whiptail(BFZ)》

《オンドゥの勇者/Ondu Champion(BFZ)》

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》

《タジュールの獣使い/Tajuru Beastmaster(BFZ)》

 

 

= 7 Spells

 

《面晶体の刃/Hedron Blade(BFZ)》

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《大地の武装/Earthen Arms(BFZ)》 

《沸き立つ大地/Boiling Earth(BFZ)》

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

《虚空の接触/Touch of the Void(BFZ)》

《面晶体の記録庫/Hedron Archive(BFZ)》

 

= 17 Lands

7*《山》 7*《森》

《進化する未開地/Evolving Wilds(BFZ)》

《繁殖苗床/Spawning Bed(BFZ)》

《そびえる尖頂/Looming Spires(BFZ)》

 

 

23枚め以降のカード:

《鎌豹/Scythe Leopard(BFZ)》 

《生命湧きのドルイド/Lifespring Druid(BFZ)》

《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

 

《ヴァラクートの発動者/Valakut Invoker(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

 

なんか今のところ一番しっくり来る。

《タジュールの獣使い/Tajuru Beastmaster(BFZ)》をマナカーブの頂点として、それまでに相手のライフを致死圏まで落としきる、そういうコンセプトがきちんと立ってる。

 

最初は《鎌豹/Scythe Leopard(BFZ)》が入っていたが、1ターン目に出せないとクソザコナメクジだったので抜けた。

あと 3マナ域のどれかは《ヴァラクートの発動者/Valakut Invoker(BFZ)》でもいいかもしれないし、

《面晶体の刃/Hedron Blade(BFZ)》は《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》でもいいかもしれない。

 

細かい微調整は必要かもしれないが大まかなラインはこんな感じで取れた。

 

 

 

 

それから黒抜いて緑青t赤でのミッドレンジも試してみた。

 

f:id:tenkoTCG:20151004163415j:plain

 

 

= 15 Creatures (+2 Awakens)

《オラン=リーフの発動者/Oran-Rief Invoker(BFZ)》

《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid(BFZ)》

《波に漂うもの/Tide Drifter(BFZ)》

《巡礼者の目/Pilgrim's Eye(BFZ)》

《空中生成エルドラージ/Eldrazi Skyspawner(BFZ)》

《生命湧きのドルイド/Lifespring Druid(BFZ)》

《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

《末裔の呼び出し/Call the Scions(BFZ)》

《雲マンタ/Cloud Manta(BFZ)》

《培養ドローン/Incubator Drone(BFZ)》

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》

《風乗りの巡回兵/Windrider Patrol(BFZ)》

《タジュールの獣使い/Tajuru Beastmaster(BFZ)》

 

 

= 8 Spells

 

《掴み掛かる水流/Clutch of Currents(BFZ)》

《巻き締め付け/Tightening Coils(BFZ)》

《大地の武装/Earthen Arms(BFZ)》 

《沸き立つ大地/Boiling Earth(BFZ)》

《虚空の接触/Touch of the Void(BFZ)》

《深海の主、キオーラ/Kiora, Master of the Depths(BFZ)》

《面晶体の記録庫/Hedron Archive(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

 

= 17 Lands

7*《平地》 7*《森》 1*《山》

《進化する未開地/Evolving Wilds(BFZ)》

《そびえる尖頂/Looming Spires(BFZ)》

 

 

20枚め以降のカード:

 

《謎めいた巡行者/Cryptic Cruiser(BFZ)》

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《繁殖苗床/Spawning Bed(BFZ)》

 

黒ダブシンの優良除去と《グール・ドラズの監視者/Guul Draz Overseer(BFZ)》が抜けるかわりに、飛行クロックとキオーラが手に入る。 

 

かなり難しいトレードオフだけど、緑黒タッチ赤や青黒タッチ赤よりもコンセプトの線(6マナを頂点にしたテンポ)が通ってる感じはある。

フライヤーに《大地の武装/Earthen Arms(BFZ)》という雑殴りパターンもある。

 

ただ個々のカードパワーは明らかに黒絡みより劣っているので、同速ミッドレンジ対決だと不利がつく。 

生物をどかすスペルが貧弱ため、相手の《大カマキリ/Giant Mantis(BFZ)》1体で沈黙してしまう可能性もあり、メインにするにはこれという決定打が欠けている印象。

 

 

 

 

そして最後にもう一つ、タッチ赤しないで青黒純正二色で組めるかどうかも見てみた。

 

f:id:tenkoTCG:20151004172429j:plain

 

t赤との違いはこんなところ:

 

  • 《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》⇒《間欠泉の忍び寄り/Geyserfield Stalker(BFZ)》
  • 《多勢/Outnumber(BFZ)》⇒《面晶体の刃/Hedron Blade(BFZ)》
  • 《虚空の接触/Touch of the Void(BFZ)》⇒《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm(BFZ)》

 

 

中途半端に除去コントロール気味なプールになってしまうタッチ赤よりも、こっちのほうが嚥下ビートとしてコンセプトにまとまりができる気がする。

とはいえ2マナ域のアタッカーが少ないので、テンポビートとして振る舞うにはやや微妙な感もある。

 

 

 

 

迷いに迷うところだが試合開始のベルが鳴る。 

結局メインは第二ゲームで手触りのよかった緑黒t赤で挑むことに。

 

 

 

三試合目:青緑上陸ミッドレンジ

 

この第一ゲームがこの日一番の熱戦。

4/3ワーム二連打に、《カザンドゥへの撤退/Retreat to Kazandu(BFZ)》でモリモリ膨らんでいくパワー。

 

f:id:tenkoTCG:20151003230500p:plain f:id:tenkoTCG:20151003230531p:plain

 

チャンプでしのぎつつ《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》を繰り出すも、

こちら残りライフ2まで追い詰められ、次のターンに死亡が確定する。

相手のライフは残り10。

ここでトップデッキしたのが《タジュールの獣使い/Tajuru Beastmaster(BFZ)》。

フルパンからの《コジレック》発射できっかり10点削りで勝利!

 

 

2ゲーム目。

カードの質が桁違いだったのでミッドレンジで挑んでも仕方がないと考え、赤緑アグロにサイドチェンジして臨む……のだが、これが完全に裏目る。

序盤にうまく立ち回れずに中盤からは完全に防戦一方に。

相手のライフを1点も削れずにワームに蹂躙される。

 

 

そしてこの日最後の対戦となる3ゲーム目。

先手の利をとれる赤緑アグロを継続。

序盤からライフを詰めていくが、ふたたび中盤4/3ワーム+撤退コンボを決められる。

互いにノーガードの殴り合いを続けたすえ、残りライフは6対4に。

《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》を引き込み、数ターンしのぎきれば勝ち目が見える盤面を作る。

綿密なライフ計算のすえギリギリのブロッカーを残してアタックしにいく。と、返しのターン。

すべてのライフ計算をひっくり返す《掴み掛かる水流/Clutch of Currents(BFZ)》覚醒。速攻3/3がブン殴ってきてgg。

 

…………ありがとうございました。

 

 

 

 

 

○×× 1-2

 

 

 終了…………結果1-2で、下から数えたほうが早い順位でのフィニッシュとなりました。

 

敗因はひとつ。

 

 

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151009180527j:plain

 

 

 

 

 

 

総括

 

プレリから一週間たった今なお新しい構築が見つかるほど迷走しまくりの今回のプールだったが、

現時点での個人的な考えだと、メインデッキについては

ビートよりの緑黒タッチ赤ミッドレンジ にしておくのが丸いように思う。

 

f:id:tenkoTCG:20151004163240j:plain

 

そして同速だが自分のデッキより明らかにカードの質がいいミッドレンジを相手にする場合は、

青赤二色のテンポアグロ に切り替えてうまく歯車を狂わすマッチメイクをしていく。

 

f:id:tenkoTCG:20151003194618j:plain

 

スペルの性能的に青黒の下位互換に見えるんだけど、

低マナ域の生物のスペック+除去の軽さのぶん、テンポとしてのデッキコンセプトはこっちのほうが通ってるように思う。

 

 

 

そして自分より明らかに遅いコントロール/ランプに対しては、

赤黒二色の除去アグロ でさっさと轢き殺すようにする。

 

f:id:tenkoTCG:20151003194640j:plain

 

赤緑上陸アグロとは一長一短あるかと思うが、単純な個々のカードパワー比較で赤黒に軍配が上がると自分は感じた。

無色シナジーがより強く、除去の性能がよく、長期戦もちょっとなら戦える仕様になる。

赤緑ではなく赤黒を組んでおくのが正解だったと思う。

 

 

 

 

 

そんなわけで

  • 青黒t赤 飛行除去ミッド(t火力&《連射する暴君》)
  • 青緑t赤 テンポよりミッド (t火力&《連射する暴君》)
  • 緑黒t赤 トークンミッド(t火力&《連射する暴君》)
  • 赤緑上陸アグロ
  • 赤黒除去アグロ
  • 青黒嚥下テンポ
  • 青赤欠色テンポ

 

と迷走に迷走を重ねた今回のプールだったが、現時点での自分の答えは

緑黒t赤をメインにして、サイド後は赤字 を相手に合わせて切り替えていく、

という総括に落ち着いた。

(読者の皆さまはいかがでしょうか)

 

 

 

難しいカードプールだったが、それだけに構築の試行錯誤をしゃぶり尽くすように(プレリが終わった後でも)楽しめたと思う。

 

そんなわけで最後に、個人的に印象より強かったカード&弱かったカードを語ることにする。

戦乱の ゼンディカー発売後の今日(10月8日)となってはだいぶ今更感あるが……

 

 

 

第一印象より個人的に強かったカード

 

 

f:id:tenkoTCG:20151004173853p:plain

《泥這い/Sludge Crawler(BFZ)》

 

終盤引いても嬉しい1マナ1/1のコモン生物。

中堅との相打ち要員になるかと思えばそれ以上。乗り越えて4点通し、嚥下の種を補充までできる。

ミッドレンジでもランプでもコントロールでも絶対入れていいと確信した。

ヘタな2マナ2/2より優先して入れてよいと思う。

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151004174722p:plain

《精神背信/Transgress the Mind(BFZ)》

シールドなら当然ほとんどのタイミングで手札と手札の質量勝負になるわけだけど、

そのうち最強の1枚を問答無用でブッこ抜けるんだから弱いわけがない。

コントロール/ランプなら最高の2マナスターターでは。

ミッドレンジでも、これまたヘタな2マナ生物より優先してOK。

 

 

f:id:tenkoTCG:20151004175611p:plain

《突き抜けの矢/Pathway Arrows(BFZ)》

 

鬼のように強いです。騙されたと思って一回使ってみてほしい。

付け替え~発射に4マナ必要なので連射はできないが、1点単射でも十分。

相手の末裔を1匹ずつ始末しつづけ、エルドラージを延々と寝かせつづけ、相手が超イライラしてくれます。

環境にアーティファクト破壊が多くないのも加点対象。

 

 

f:id:tenkoTCG:20151004175815p:plain

《不死のビヒモス/Deathless Behemoth(BFZ)》

 

そりゃ弱いこと書いてない。

でもとにかく6/6警戒というスペックが偉い。

今回全体的に打点が高いので、残したブロッカーをどかされたら死ねる、というシーンが多い。

なので遅めのデッキだと反転攻勢、切り返しがかなり難しいと感じた。

そこへきてこのビヒモス。ディフェンスに余裕を持たせつつ切り返しを可能にする高打点+警戒のなんと偉大なことか。

よく《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》されるので復活能力に過信は禁物だけど、スペックだけで及第点あげてよいと思った。

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151004180212p:plain

《巻き締め付け/Tightening Coils(BFZ)》

 

《大地への縫い付け/Pin to the Earth(JOU)》にはなかった「飛行を失う」、この一文がとにかく偉すぎる。

相手の飛行ブロッカーを地面に叩き落とし、こっちの飛行クロックをテンポよく維持できるのが超優秀。

大カマキリに対しては根本対処にならないのは玉にキズ。

 

 

 

第一印象より個人的に弱かったカード

 

f:id:tenkoTCG:20151004175547p:plain

 

 《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

 

コモンで3マナ3/4ってグロ強いやろというのが第一印象だったが、

思ったより3/4というスペックにインパクトがない。

というのも、相手が同じように重鎮を出してくると沈黙するから。

あとカマキリでも止まる。

弱いカードではないけど、第一印象から感じたほどの暴力性はなかった。

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151004175048p:plain

 《連射する暴君/Barrage Tyrant(BFZ)》

 

思ったよりブン投げコストが重たい。全然連射でけへん。

sac投げはチャンプブロッカーを本体火力に変えるとか、EOTにブン投げてブロッカーをどかすとかが一番隙のない使い方なのだが、

投げコストが重たいと、そういう最適なsacタイミングで小回りが効かなくて

思ったような起動ができずもどかしいことが多かった。 

これも弱いカードではないが、第一印象より……というカード。

 

 

 

 

そんな感じでわたくしのBFZプレリは終了。

一回目の成功体験(ランプ最強伝説)に目が曇ったのが良くなかった。

この悔しさはゲートウォッチプレリで雪辱じゃ!

どっとはらい

 

 

プレリレポ記事の一覧

 

 

【MTG】戦乱のゼンディカー プレリ行ってきた 緑黒t青エルドラージで3-0

 今日のプレリハイライト:

 

 

f:id:tenkoTCG:20151001002638j:plain

 

 

 

 

2015年9月26日、土曜昼からのBFZ(Battle for Zendikar)のプレリリース・パーティに参加してきたのでレポ。

参加人数は26人でスイスドロー3回戦。12時スタートの15時30分終了。

 

 

 

ラヴニカの回帰から3年続いた好評だったのかなんだったのかわからん弁当箱だったが、それも今回でついにお別れ……。

装いも新たに紙製デッキケース型のコンポーネント配布となる。

配布の際の色選択もなくなり、全員が一律同じパッケージ、同じ条件下で構築することに。

 

 

f:id:tenkoTCG:20150929103523j:plain

        (※当日開けた箱を使っての再現画像です)

 

 

だいたいiPhone 6(プラスじゃないしSでもないの)と同じくらいの縦幅。

中には以下のものが入っている。

 

  • ランダムなレアまたは神話レアのFOIL(プロモカード)……1枚
  • 戦乱のゼンディカー ブースターパック……6個

  • 20面体ダイス型ライフカウンター(全5色からランダム)……1個

  • 戦乱のゼンディカー 世界観説明シート……1枚
  • 紙製の仕切り板……1個

 

ケース下部が凹状になっており、ダイスが2個まで収納できる。

紙製とはいえ仕切板つきなのも大変嬉しい。

弁当箱は無駄に幅広で、かさばるだけで何にも使いみちがなかったからね……

この変更はとってもありがたい。

 

 

色選択がなくなったことで不人気色の在庫だけがどっさり余ることもなくなった。

欲しい色が売り切れたので泣く泣く別の色を……みたいなこともなくなった。

 

とはいえ構築のわかりやすいガイダンスが失われたってことであり、初心者にはなかなかヘビーな仕様変更とも言える。

(熟練者的には構築の難度が増して楽しい)

 

 

 

事前の印象

 

リストをざっと眺めてみたところ、自分の中でのBFZ環境でのカラーランキングは

 

  >>>>>>> =白 >

 

という感じ。

 

 

 

青は単純に全体のカードパワーが高い。

が今回は特に軽いカード、2マナ以下のスペルの性能が抜群によい。

構成に無駄がない。

 

f:id:tenkoTCG:20150928212212p:plain f:id:tenkoTCG:20150928215353p:plain

 

誰だってBFZ環境のシールドならランプエルドラージをやりたいだろうが、

そうすると対アグロとの戦いはどうすんのってことになる。

 

そのため最低限の低マナ域は確保したいわけだが、

あまり軽いカードを積みすぎると今度は同型にカードパワーの差で押し負けてしまう。

対アグロと対同型、その絶妙な配分を見極めるのがミッドレンジ~コントロール構築の妙味であるのだが……

 

こと青に関しては1マナの覚醒スペルを雑に突っ込むだけでよい。

覚醒のおかげで中盤以降の無駄ヒキを作ることなくアグロ耐性を得られる。

要するに両面待ちできる。

 

極端な話、1マナ覚醒スペルとエルドラージの二種類だけで序・中・後半と最低限のポイントを押さえたデッキが組めるレベル。

 

 

また覚醒だけでなく、今回の青はミッドレンジに割り振られた役割が非常に多い。

 

嚥下+昇華、末裔トークン横並び、無色シナジー、多色収斂と、

BFZにおける中速アーキタイプの核となるギミックは青を中心に分布している。

特に嚥下+昇華は青だけでアーキタイプが回せるレベルだ。

 

そんなわけでミッドレンジからランプエルドラージまで、シールドでやりたいアーキタイプのほとんどに絡んでいる青を優先してやりたいなというのが第一印象。

 

 

 

次点は緑。

ランプパーツは代替が効かないうえ、多色化には必須の色。

 

f:id:tenkoTCG:20150929013425p:plain f:id:tenkoTCG:20150929013443p:plain

 

 

収斂のおかげで多色が正当化されやすいのも大きい。

3色以上で組ませてもらえれば、コモンで3マナ3/4がまかなえるという強烈なボーナスが受け取れる。

アグロ専用なコンバットトリックを多く引くと厳しそうだが、生物に関してはアグロからランプまで入れにくいカードがなく、以下の3色と比べかなり受けが広い印象を持った。

 

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20150929013519p:plain f:id:tenkoTCG:20150929013531p:plain

次点は白・赤。

どちらも除去は強いが、プールがややアグロに寄りすぎている印象だ。

メインはミッドレンジをやりたいので必然評価が下がる。

 

何度も書いているが、シールドはあくまでカードプールの「平均点」「総合力」で戦うゲームなので、

アグロでは100点だけどミッドでは20点、みたいな尖った分布の色よりも、ぜんぶ中速70点の丸いカードで構成されている色のほうがシールドでの評価は高くなる。

 

そんなわけでどちらもタッチして除去をつまむのにはいい色だが、メインで組むにはよほどの引きじゃないと厳しいか、というのが最初の印象。

 

 

最下位は黒。

主軸となるライフゲイントリガー生物に汎用性がなさすぎるのがマイナス。

シナジー抜きだとアグロ的にもミッド的にも採用しづらい。

 

f:id:tenkoTCG:20150929013553p:plain f:id:tenkoTCG:20150929013616p:plain

 

除去以外はタッチもしにくそうで、プレイアブルなカードが他とくらべてひとまわり少ない印象だった。

 

 

 

というわけで、事前情報から設計した自分なりの構築プランがこんな感じ。

 

 

 

自分のやりたい構築(緑青ランプ)をとってもシンプルに集約。

どんなプールを引こうとも、まずは必ず無色⇒緑⇒青の順に見ていくようにした。

 

 

そんなこんなで昼プレリ開始まであとわずか。

待ち時間の間に金曜の深夜プレリに参加した友人から感想を聴く。

いわく赤黒が強いとか…………あ、あれ? おかしいな…………

 

 

まあそんなこんなありつつも着席。

Zendikar Expeditionや誤訳についての説明を店長から受けつつ、いざ開封の儀へ。

 

 

カードプール

 

レアはこんな感じ。

 

f:id:tenkoTCG:20150928175319p:plain f:id:tenkoTCG:20150928175329p:plain

 

f:id:tenkoTCG:20150928175248p:plain f:id:tenkoTCG:20150928175240p:plain

f:id:tenkoTCG:20150928175215p:plain

 

f:id:tenkoTCG:20150928175144p:plain f:id:tenkoTCG:20150928175153p:plain

 

 

 

パックを開けたらドラーナさんFoilがお出迎え。うれしっ!

しかし土地レア2枚……さらにラストパックからは血王……

見事な尻すぼみだぜ!!

 

 

ともかく、カードプールは以下の通り。 

 

 

  • 各色のうち、個人的に自分がデッキに入れたい順番にしてある。
  • 評価は絶対指標ではなく、その色のカードプールを踏まえた相対的なもの。
  • メインデッキに入れたくないカードは薄字にしてある。
  • 記事内で使われているカード画像は公式のカードイメージギャラリーより引用。 

 

 

白 (プレイアブル13枚+多色1枚)

 

 2*《真っ逆さま/Sheer Drop(BFZ)》

《幽霊の歩哨/Ghostly Sentinel(BFZ)》

《大物潰し/Smite the Monstrous(BFZ)》

《物静かな使用人/Serene Steward(BFZ)》

《フェリダーの仔/Felidar Cub(BFZ)》

《探検隊の特使/Expedition Envoy(BFZ)》

《岩屋の衛生兵/Stone Haven Medic(BFZ)》

《コーの懲罰者/Kor Castigator(BFZ)》

《帆凧の斥候/Kitesail Scout(BFZ)》

《二人戦術/Tandem Tactics(BFZ)》

《石術師の焦点/Lithomancer's Focus(BFZ)》

《鼓舞する突撃/Inspired Charge(BFZ)》 

 

(《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》)

 

 

青 (プレイアブル10枚+多色2枚)

 

《沿岸の発見/Coastal Discovery(BFZ)》

《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm(BFZ)》

《氷の猛進/Rush of Ice(BFZ)》

《掴み掛かる水流/Clutch of Currents(BFZ)》

《雲マンタ/Cloud Manta(BFZ)》

《手酷い失敗/Horribly Awry(BFZ)》

《霧の侵入者/Mist Intruder(BFZ)》

《回収ドローン/Salvage Drone(BFZ)》

《予期/Anticipate(BFZ)》

《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》

《乱動魔道士の計略/Roilmage's Trick(BFZ)》

 

(《天空の滝/Skyline Cascade(BFZ)》)

 

 

黒 (プレイアブル16枚+多色1枚)

 

《マラキールの解放者、ドラーナ/Drana, Liberator of Malakir(BFZ)》 Promo

《完全無視/Complete Disregard(BFZ)》

《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》

《捕らわれの宿主/Carrier Thrall(BFZ)》

《吸血の儀式/Vampiric Rites(BFZ)》

《果敢な血王/Defiant Bloodlord(BFZ)》    Rare

《骨の粉砕/Bone Splinters(BFZ)》

《悪魔の掌握/Demon's Grasp(BFZ)》

《精神背信/Transgress the Mind(BFZ)》

《威圧ドローン/Dominator Drone(BFZ)》

《大群の殺到/Swarm Surge(BFZ)》

《精神を掻き寄せるもの/Mind Raker(BFZ)》

《ぬかるみの敵意/Mire's Malice(BFZ)》

《墓の出産/Grave Birthing(BFZ)》

《ニルカーナの暗殺者/Nirkana Assassin(BFZ)》

《大食の虚身/Voracious Null(BFZ)》

《祭壇の刈り取り/Altar's Reap(BFZ)》

 

(《亡骸のぬかるみ/Mortuary Mire(BFZ)》)

 

 

赤 (プレイアブル13枚)

 

《とどろく雷鳴/Rolling Thunder(BFZ)》

《虚空の接触/Touch of the Void(BFZ)》

《多勢/Outnumber(BFZ)》

《石の怒り/Stonefury(BFZ)》

《好戦的な鞭尾/Belligerent Whiptail(BFZ)》

《髑髏砕きの補充兵/Shatterskull Recruit(BFZ)》

《マキンディの滑り駆け/Makindi Sliderunner(BFZ)》

《ヴァラクートの発動者/Valakut Invoker(BFZ)》

《棘撃ちドローン/Nettle Drone(BFZ)》

2*《穴掘り土百足/Tunneling Geopede(BFZ)》

《命知らずの群勢/Reckless Cohort(BFZ)》

《ゴブリンの戦化粧/Goblin War Paint(BFZ)》

《火山の隆起/Volcanic Upheaval(BFZ)》 

 

(《荒廃した山峡/Blighted Gorge(BFZ)》)

(《そびえる尖頂/Looming Spires(BFZ)》)

 

 

緑 (プレイアブル13枚+多色2枚)

 

《彼方より/From Beyond(BFZ)》          Rare

《獣呼びの学者/Beastcaller Savant(BFZ)》      Rare

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《領地のベイロス/Territorial Baloth(BFZ)》

《自然の繋がり/Natural Connection(BFZ)》

《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

《森の占術/Sylvan Scrying(BFZ)》

《膨れ鞘/Blisterpod(BFZ)》

《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid(BFZ)》

《大カマキリ/Giant Mantis(BFZ)》

2*《成長のうねり/Swell of Growth(BFZ)》

2*《回収蔦/Reclaiming Vines(BFZ)》

 

(《肥沃な茂み/Fertile Thicket(BFZ)》)

 

 

多色

 

《乱動を刻む者、ノヤン・ダール/Noyan Dar, Roil Shaper(BFZ)》  Rare

《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》

《空乗りのエルフ/Skyrider Elf(BFZ)》      Foil

 

無色

 

《バーラ・ゲドを滅ぼすもの/Bane of Bala Ged(BFZ)》

《不死のビヒモス/Deathless Behemoth(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《突き抜けの矢/Pathway Arrows(BFZ)》

 

 

《荒廃した山峡/Blighted Gorge(BFZ)》

《亡骸のぬかるみ/Mortuary Mire(BFZ)》

《天空の滝/Skyline Cascade(BFZ)》

《肥沃な茂み/Fertile Thicket(BFZ)》

《そびえる尖頂/Looming Spires(BFZ)》

《見捨てられた神々の神殿/Shrine of the Forsaken Gods(BFZ)》  Rare

《ウギンの聖域/Sanctum of Ugin(BFZ)》            Rare

 

 

 

事前の検討どおり、

無色エルドラージ⇒緑ランプ⇒青スペル、の順にピックして並べていく。

 

と、ここで青の枚数が極端に少ない(プレイアブル10枚)ことがわかる。

特に生物の不足が深刻だ。

 

 

青を諦め、ドラーナのいた黒を並べてみる……

するとこれが除去・生物ともにキーパーツが集まってていい感じ。

 

吸血の儀式 ズーラポートの殺し屋

 

特にsacエンジンと死亡誘発がきっちり揃っているのが好印象だ。

あとは手なりで緑のトークン生成とランパンを組み合わせるだけで、デッキの形になってしまった。

 

 

構築 

というわけで、最初に組んだデッキがこちら。

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20150929111530j:plain

 

 

GBu Ramp-Eldrazi / Token-Sacrifice

 

= 14 Creatures

 

《膨れ鞘/Blisterpod(BFZ)》

《獣呼びの学者/Beastcaller Savant(BFZ)》

《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》

《捕らわれの宿主/Carrier Thrall(BFZ)》

《空乗りのエルフ/Skyrider Elf(BFZ)》

《マラキールの解放者、ドラーナ/Drana, Liberator of Malakir(BFZ)》

《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《大カマキリ/Giant Mantis(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《不死のビヒモス/Deathless Behemoth(BFZ)》

《バーラ・ゲドを滅ぼすもの/Bane of Bala Ged(BFZ)》

《果敢な血王/Defiant Bloodlord(BFZ)》

 

= 8 Spells

《突き抜けの矢/Pathway Arrows(BFZ)》

《吸血の儀式/Vampiric Rites(BFZ)》

《森の占術/Sylvan Scrying(BFZ)》

《自然の繋がり/Natural Connection(BFZ)》

《完全無視/Complete Disregard(BFZ)》

《沿岸の発見/Coastal Discovery(BFZ)》

《彼方より/From Beyond(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

 

= 18 Lands

7*《沼》 7*《森》 1*《島》

《亡骸のぬかるみ/Mortuary Mire(BFZ)》

《肥沃な茂み/Fertile Thicket(BFZ)》

《天空の滝/Skyline Cascade(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

 

《悪魔の掌握/Demon's Grasp(BFZ)》

《骨の粉砕/Bone Splinters(BFZ)》 

《大食の虚身/Voracious Null(BFZ)》

《精神背信/Transgress the Mind(BFZ)》+《精神を掻き寄せるもの/Mind Raker(BFZ)》

 

《領地のベイロス/Territorial Baloth(BFZ)》

《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid(BFZ)》

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》 

 

 紫色で書かれているカードが採用を悩む18枚目以降の調整スロットだ。

 

ランプが3種類もとれているのでタッチ青しているが、ぶっちゃけ純正二色で組んでもデッキパワーは落ちなさそう。

黒緑だけで相当プールが充実していることが分かる。

 

 

なにせ《領地のベイロス》や《悪魔の掌握》ですらメインに入りきらないレベル。

 

領地のベイロス 悪魔の掌握

 

実際このあたりは採用を真剣に迷った。

シナジーを前提としているため単体でトップすると弱い《吸血の儀式》《膨れ鞘》《突き抜けの矢》あたりを抜いて、

シールドではいつ引いても強いベイロスや除去などのパワーカードでまとめて、引きの依存度を均質化するのが正解なのでは?

 

 

答えはそうそう見つからず、対戦が始まってからも空き時間にずっと悩みっぱなし。

まあでも最終的には「せっかくのプレリだし今まで使ったことのないカード、選んだことのない戦術を積極的に使ってみよう」ということでこの構築にまとまった。

 

 

《果敢な血王》は7マナの割にはたいそう貧弱なボディかつほぼフレンチバニラで最初は採用圏外にしていた(代わりに《領地のベイロス》が入っていた)が、

自分のデッキに入っているカードを見てみると、地上はトークンでガッチリ止められる様子だったのでギリギリで《血王》と入れ替えた。

 

 

そもそも自分が地上を固める構築になっているということは、相手も同じような構築をしてくるということだ。

多少コスパが悪かろうがトークン環境なら空から攻撃を通せるほうがエライだろうということで、今回は7マナの《血王》を選ぶことにした。

 

 

 

あと緑黒二色で組むとどうなるかもチェック。

だいたいこんな感じだろう。

 

 

f:id:tenkoTCG:20150929232411j:plain

 

  • 《空乗りのエルフ》⇒《領地のベイロス》 
  • 《森の占術》⇒《骨の粉砕》
  • 《沿岸の発見》⇒《悪魔の掌握》

 

二色にしても全体のデッキパワーがそこまで落ちてなさそうなのがまたすごい。

 

《精神背信》と《精神を掻き寄せるもの》のパッケージを入れたいが、抜けるスペルがあんまりない。

強いて言うなら《突き抜けの矢》+《大カマキリ》だが、メインは当たりが丸いこの2枚のほうが良さそうにも思える。 

 

 

ともかく黒緑二色とタッチ青三色、どちらが良いのか?

これは正直言って構築段階では判断しかねたので、最初に組み上げた自分の直感、すなわちタッチ青を信じてメインデッキに選ぶことにした。

 

 

 

 

これでひとまずメイン40枚がまとまったので、残り時間でちまちまサイド後のデッキを作ることに。

 

赤・白は《轟く雷鳴》や2枚の《真っ逆さま》と除去の性能はいいのだが、プール全体が高速アグロ用と低速用に分かれていて、どちらを選ぶにも中途半端に枚数が足りない。

事前に自分が予想していた通りの内容に苦笑しかない。

 

検討した感じ、赤は色選択の候補から切り捨てていい内容&質量だとこの時点で結論づけ、面晶体(という名の空き箱)に永久封印することにした。

 

 

まだタッチで使いやすい白を使って、遅いミッド用にコントロールを組めないかをチェック。せっかく《ノヤン・ダール》もいることだしね。

 

 だいたいおおまかな構成はこんな感じになった。

 

f:id:tenkoTCG:20150929112657j:plain

 

GUw Ramp-Eldrazi / Awaken Control

 

= 11 Creatures (+5 Awakens)

 

《獣呼びの学者/Beastcaller Savant(BFZ)》

《空乗りのエルフ/Skyrider Elf(BFZ)》

《タジュールの重鎮/Tajuru Stalwart(BFZ)》

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《大カマキリ/Giant Mantis(BFZ)》

《雲マンタ/Cloud Manta(BFZ)》

《乱動を刻む者、ノヤン・ダール/Noyan Dar, Roil Shaper(BFZ)》

《領地のベイロス/Territorial Baloth(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《不死のビヒモス/Deathless Behemoth(BFZ)》

《バーラ・ゲドを滅ぼすもの/Bane of Bala Ged(BFZ)》

 

= 11 Spells

《氷の猛進/Rush of Ice(BFZ)》

《掴み掛かる水流/Clutch of Currents(BFZ)》

《森の占術/Sylvan Scrying(BFZ)》

《予期/Anticipate(BFZ)》

《手酷い失敗/Horribly Awry(BFZ)》

《自然の繋がり/Natural Connection(BFZ)》

2*《真っ逆さま/Sheer Drop(BFZ)》

《沿岸の発見/Coastal Discovery(BFZ)》

《彼方より/From Beyond(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

 

= 18 Lands

7*《森》 7*《島》 1*《平地》

《肥沃な茂み/Fertile Thicket(BFZ)》

《天空の滝/Skyline Cascade(BFZ)》

《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》

 

23枚め以降のカード:

 

《大物潰し/Smite the Monstrous(KTK)》

《幽霊の歩哨/Ghostly Sentinel(BFZ)》

 

《呪文萎れ/Spell Shrivel(BFZ)》

《珊瑚兜への撤退/Retreat to Coralhelm(BFZ)》

 

《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid(BFZ)》

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

 

 

軽い青のごまかしスペル+緑のランプ+無色のエルドラージ+タッチ除去。

自分が事前に考えていた構築プランそのまんまで組めた。

 

一覧で見てみると相当イビツな構成、スペルのボリュームに見えるが、サイド後デッキなんだからこれぐらい歪んでいてもいいのだと割り切る。

いっそ《タジュールの重鎮》《大カマキリ》の枠も《呪文萎れ》《大物潰し》でいいかもしれない(アグロ相手には組み換えないんだからアグロ耐性なんてゼロでいい)。

 

 なんか回してみたら楽しそうなサイドプランができあがった。

 

 

そんなこんなあり、30分の構築時間は終了。

ここからいよいよ本戦開始。

「ランプエルドラージこそゼンディカーで最強……」というフラグしかない持論は果たして実証されるのか!?

 

いざ実戦へ……

 

 

 

 

戦績

 一試合目:緑黒t青ランプエルドラージ

 

完全同型対決……いきなりか!

シールド慣れしている人が考えることはみな同じということだろう。

 

第一ゲーム。

相手の場に《荒廃を招くもの》《バーラ・ゲドを滅ぼすもの》といった重量級がどんどん並んでいくが、《突き抜けの矢》が神がった働きでこちらの貧相な盤面を7ターン近く維持してくれる。

 

 

f:id:tenkoTCG:20150930003357p:plain f:id:tenkoTCG:20150930003347p:plain

 

最終的にはいったん除去された《マラキールの解放者、ドラーナ》を《亡骸のぬかるみ》でデッキトップに戻して再臨させて勝利。

 

 

幕間、同型対決ということで低マナ域が不要だと分かる。

代わりに3種類のハンデスをオールインしてアドバンテージ勝負をかけることに。

 

 ← Out:《膨れ鞘》《捕らわれの宿主》《大カマキリ》 

 ⇒ In:《精神背信》《精神を掻き鳴らすもの》《ぬかるみの敵意》

 

 

第二ゲーム。

サイドインしたハンデス3種類が1マリガン後の相手に全部突き刺さる。

相手の手札から《絶え間なき飢餓、ウラモグ》などの脅威を次々抜き取っていくと、相手から「心折れるわ~」の声。

このムーブ、僕もそう思います……。まあ、サイドプランの勝利ということで。

 

特に危うげなく二連勝。

反省点としては、相手が《荒廃の一掴み》を持っていることがわかっていたんで、ここで(土地リムーブが致命傷になるのを防げる)黒緑二色の組み合わせを試してみても良かったと思う。

 

○○ 1-0

 

 

 二試合目:白黒ライフゲイン⇒黒緑ミッドレンジ

 

構築中ずっと談笑していた知り合いとの対戦。

白黒のライフゲイン利用アーキタイプだったが、シナジーが噛みあう前に《バーラ・ゲドを滅ぼすもの》が相手のリソースを摘み取り、ノーダメージで勝利。

 

サイド後の黒緑は《ムラーサの緑守り》などのパワーカード満載ミッドレンジ。

でもこちらの《ドラーナ》が機能するのを相手は止められず、そのまま押し切って勝利。雑強!

 

○○  2-0

 

 

 

 

三試合目:赤黒アグロ

これまた知り合いとの対決。

 

f:id:tenkoTCG:20150930005629p:plain f:id:tenkoTCG:20150930005621p:plain

 

無色シナジーを組み合わせた環境標準の赤黒アグロ。

ライフは一時残り3点まで追い詰められるが、《バーラ・ゲドを滅ぼすもの》《果敢な血王》、《亡骸のぬかるみ》からの《果敢な血王》二度目が間に合い、ギリギリで逆転勝利。

 

パワー4/タフネス3を多く見たので、それにサイズを合わせるサイドイン。

⇒ in:《精神背信》《精神を掻き鳴らすもの》

← out:《血の儀式》《膨れ鞘》

 

 

第二ゲーム。

やはり《ドラーナ》が無双。申し訳ないくらい《ドラーナ》無双。

すれ違いのダメージを相手も仕掛けてくるが、当然こちらの方が打点は上。

殴りきって勝利。

 

 

○○ 3-0

 

 

結果、一敗もすることなく全勝で1位(たぶん)!

ずーっとプレリは2-1マンだったので、テーロスぶりの優勝がとっても嬉しい。

 

 

このデッキ、

  • ドラーナの単騎無双
  • トークンドレイン
  • エルドラージ圧殺

と軸の違う三種類の勝ちパターンが用意できているのが勝因だろうと思う。

 

相手がどれかに対応しようとしても別のどれかがプレッシャーをかけてくる。

画一的な対処がしにくい。

普通ならコンセプトを3パターンも並立させるとデッキがグチャるのだろうが、今回はコンセプトをつなぐ接着剤的なカードが多かったため一つのデッキとしてまとめることができた。

 

まあぶっちゃけレアパワーとも言う。

 

 

 

とにかくドラーナさん、ほんとありがとナス!

 

 

 

 

f:id:tenkoTCG:20151001002638j:plain

 

 

雑感

 

 

黒緑は純正二色でのアグロモードも組めることに気づいた。

概要はこんな感じ。

 

f:id:tenkoTCG:20150929230907j:plain

 

GB Tokens / Midrange

 

= 15 Creatures

 

《膨れ鞘/Blisterpod(BFZ)》

《獣呼びの学者/Beastcaller Savant(BFZ)》

《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》

《捕らわれの宿主/Carrier Thrall(BFZ)》

《噛み付きナーリッド/Snapping Gnarlid(BFZ)》

《マラキールの解放者、ドラーナ/Drana, Liberator of Malakir(BFZ)》

《地下墓地の選別者/Catacomb Sifter(BFZ)》

《大食の虚身/Voracious Null(BFZ)》

《威圧ドローン/Dominator Drone(BFZ)》

《目なしの見張り/Eyeless Watcher(BFZ)》

《精神を掻き寄せるもの/Mind Raker(BFZ)》

《領地のベイロス/Territorial Baloth(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《不死のビヒモス/Deathless Behemoth(BFZ)》

《バーラ・ゲドを滅ぼすもの/Bane of Bala Ged(BFZ)》

 

= 8 Spells

《吸血の儀式/Vampiric Rites(BFZ)》

《骨の粉砕/Bone Splinters(BFZ)》

《精神背信/Transgress the Mind(BFZ)》

《大群の殺到/Swarm Surge(BFZ)》

《異常な攻撃性/Unnatural Aggression(BFZ)》

《完全無視/Complete Disregard(BFZ)》

《彼方より/From Beyond(BFZ)》

《悪魔の掌握/Demon's Grasp(BFZ)》

 

= 17 Lands

7*《沼》 8*《森》

《亡骸のぬかるみ/Mortuary Mire(BFZ)》

《肥沃な茂み/Fertile Thicket(BFZ)》

 

 

普通なら土地17で7マナまでのアクセスは相当キビシイだろうけど、エルドラージ・末裔がいるので何とかなるハズという楽観構築。

 

末裔トークン+《大群の殺到》という殺意の高いキリングプランがあるのはこの構築最大の利点。

真っ当なランプ勝負では勝てないかも……というようなボム満載の相手には、

こういう轢き殺し策のある構築に組み替えた方が良さそう。

 

 

 

 

あと一応、黒白二色の除去コントロールっぽいデッキも組めないか試してみました。 

 

f:id:tenkoTCG:20150929231730j:plain

 

 

WB Lifegain Control

 

= 13 Creatures (+3 Awakens)

 

《ズーラポートの殺し屋/Zulaport Cutthroat(BFZ)》

《捕らわれの宿主/Carrier Thrall(BFZ)》

《物静かな使用人/Serene Steward(BFZ)》

《フェリダーの仔/Felidar Cub(BFZ)》

《カラストリアの癒し手/Kalastria Healer(BFZ)》

《マラキールの解放者、ドラーナ/Drana, Liberator of Malakir(BFZ)》

《ニルカーナの暗殺者/Nirkana Assassin(BFZ)》

《精神を掻き寄せるもの/Mind Raker(BFZ)》

《コジレックの媒介者/Kozilek's Channeler(BFZ)》

《幽霊の歩哨/Ghostly Sentinel(BFZ)》

《不死のビヒモス/Deathless Behemoth(BFZ)》

《バーラ・ゲドを滅ぼすもの/Bane of Bala Ged(BFZ)》

《果敢な血王/Defiant Bloodlord(BFZ)》

 

= 9 Spells

《吸血の儀式/Vampiric Rites(BFZ)》

《精神背信/Transgress the Mind(BFZ)》

《完全無視/Complete Disregard(BFZ)》

2*《真っ逆さま/Sheer Drop(BFZ)》

《大物潰し/Smite the Monstrous(KTK)》

《ぬかるみの敵意/Mire's Malice(BFZ)》

《悪魔の掌握/Demon's Grasp(BFZ)》

《存在の一掃/Scour from Existence(BFZ)》

 

= 18 Lands

8*《沼》 8*《平地》

《亡骸のぬかるみ/Mortuary Mire(BFZ)》

《砂岩の橋/Sandstone Bridge(BFZ)》

 

 

《物静かな使用人》+ライフドレインのシナジーはこの組み合わせだけの魅力だが、

単体のカードパワーでは緑と見比べると明らかに一回り落ちる。 

というわけで60点くらいのデッキかな。

「組めはするが、積極的にこの構築にする動機はない」という立ち位置。

 

相手が対トークン用に《微震》系、1点ばらまき系のカードをガッツリ突っ込んできた場合に覚えておいてもいいかな、っていう程度。(それでも組み替えるかは微妙)

 

 

そんなわけで、一回目のプレリはこれで終了。

最後に環境の印象を少し。

 

 

 

環境の印象

 

  • シールドだとやっぱりランプエルドラージ無双。
    二回目のプレリも含め、緑・青・黒絡みの重い構築が多かった。

  • シールドだと、アグロめなカードを多めに持たされた白はお通夜。
    同盟者もお通夜。

  • アグロは組めないわけではないが、よほど噛み合ったプールを引かないと除去と生物のサイズに押しとどめられて最後の数点を削り切れない。

  • 除去と攻撃を通す手段、回避能力が豊富なので、生物が並びきって膠着するような展開ほとんど見られなかった。意外とゲームのテンポはサクサクしていてよい。

  • ランプでの覚醒は6マナでも7マナでもバンバン撃てるが、盤面に与えるインパクトはそこまで大きくない。なんか覚醒のおかげで劇的に違った、みたいな展開はない。地味。


  • 嚥下+昇華は2枚:1枚ぐらいでも普通に機能する。

  • 黒1マナドローン、《泥這い/Sludge Crawler(BFZ)》は地獄のように強いです。
    コントロールでもミッドレンジでも絶対に入れるべき。

 

 

二回目も参加してきたので次回に続く。 

個人的に強かったと思うカードも次回に書きます。

 

 

次回:

キオーラさんの謎キャッチ画像

 

 

プレリレポ記事の一覧

 

【MTG】マジック・オリジン土曜プレリ二回目 ニッサで2-1

 

今日のプレリハイライト:

 

f:id:tenkoTCG:20150728221403j:plain

 

 

 

 

 

2015年7月11日、土曜夕方からのマジック・オリジンのプレリリース・パーティに参加してきました。

 

参加人数は前回と同じく20人でスイスドロー3回戦。17時スタートの21時終了。

 

 

 

今回から新しくなった弁当箱(コンポーネント)のアレコレとかは

前回の記事に詳述してありますので、そちらをご参考のこと。

 

 

 

 

 

 

二回目は緑を選択。 

ギデオンよりニッサが欲しくなったという単純な理由。

 

 

f:id:tenkoTCG:20150720235715j:plain

         (当日開けたパックを使った再現映像です)

 

 

もろもろ詳しいところは前回話したので省略。

いざ構築へ。

 

 

カードプール

  • 各色のうち、個人的に自分がデッキに入れたい順番にしてある。
  • 評価は絶対指標ではなく、その色のカードプールを踏まえた相対的なもの。
  • メインデッキに入れたくないカードは薄字にしてある。
  • 記事内で使われているカード画像は公式のカードイメージギャラリーより引用。

 

 

白 (プレイアブル13枚+多色2枚)

 

《抑制する縛め/Suppression Bonds(ORI)》

《突進するグリフィン/Charging Griffin(ORI)》

《トーパの自由刃/Topan Freeblade(ORI)》 

《戦乱の神託者/War Oracle(ORI)》

《勇者の選定師/Anointer of Champions(ORI)》

《天界のほとばしり/Celestial Flare(ORI)》

《巡礼者の道の騎士/Knight of the Pilgrim's Road(ORI)》

《包み込む霧/Enshrouding Mist(ORI)》

《エイヴンの戦僧侶/Aven Battle Priest(ORI)》

2*《重歩兵/Heavy Infantry(ORI)》

2*《力強い跳躍/Mighty Leap(ORI)》

 

 

 

 

青 (プレイアブル16枚+多色1枚)

 

《高位調停者、アルハマレット/Alhammarret, High Arbiter(ORI)》 Rare

《変位の波/Displacement Wave(ORI)》            Rare

2*《閉所恐怖症/Claustrophobia(ORI)》

《塔の霊/Tower Geist(ORI)》

《飛空士志願者/Aspiring Aeronaut(ORI)》

《屑肌のドレイク/Scrapskin Drake(ORI)》

《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides(ORI)》          Rare

《意思の激突/Clash of Wills(ORI)》

《フェアリーの悪党/Faerie Miscreant(ORI)

《水撃/Hydrolash(ORI)》               Foil

《狩漁者/Watercourser(ORI)》

《金切り声のスカーブ/Screeching Skaab(ORI)》

《深海の恐怖/Deep-Sea Terror(ORI)》

《層雲歩み/Stratus Walk(ORI)》

《ニヴィックスの障壁/Nivix Barrier(ORI)》

《否認/Negate(ORI)》

《戦慄水/Dreadwaters(ORI)》

 

 

黒 (プレイアブル13枚+多色1枚)

 

《残酷な蘇生/Cruel Revival(ORI)》

《骨読み/Read the Bones(ORI)》

《眼腐りの暗殺者/Eyeblight Assassin(ORI)》

《死橋のシャーマン/Deadbridge Shaman(ORI)》

《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》

《闇の試み/Dark Dabbling(ORI)》

《茨弓の射手/Thornbow Archer(ORI)》 

《狂暴な吸血者/Rabid Bloodsucker(ORI)》

《屍術的召喚/Necromantic Summons(ORI)》

《闇の誓願/Dark Petition(ORI)》        Rare

《冥府の傷跡/Infernal Scarring(ORI)》

《死の円舞曲/Macabre Waltz(ORI)》

《夜の罠/Nightsnare(ORI)》

《無限の抹消/Infinite Obliteration(ORI)》     Rare

 

 

赤 (プレイアブル14枚+多色1枚)

 

《焦熱の衝動/Fiery Impulse(ORI)》

《空荒らしの巨人/Skyraker Giant(ORI)》

《アクロスの兵長/Akroan Sergeant(ORI)》

《マグマの洞察力/Magmatic Insight(ORI)》

《地底の斥候/Subterranean Scout(ORI)》

《ボガートの粗暴者/Boggart Brute(ORI)》

《魔道士輪の暴漢/Mage-Ring Bully(ORI)》

《暴れ玉石/Cobblebrute(ORI)》

《炎魔の精霊/Firefiend Elemental(ORI)》

2*《反逆の行動/Act of Treason(ORI)》

《ゴブリンの群衆追い/Goblin Piledriver(ORI)》        Rare

《ギラプールの霊気格子/Ghirapur AEther Grid(ORI)》

《ふいごトカゲ/Bellows Lizard(ORI)》

《粉々/Smash to Smithereens(ORI)》

 

 

 

緑 (プレイアブル19枚+多色1枚)

 

《ガイアの復讐者/Gaea's Revenge(ORI)》           Foil

《ジョラーガの祈祷/Joraga Invocation(ORI)》

2*《葉光らせ/Leaf Gilder(ORI)》

《光り葉の将帥、ドゥイネン/Dwynen, Gilt-Leaf Daen(ORI)》   Promo

《地底街のトロール/Undercity Troll(ORI)》

《野性の本能/Wild Instincts(ORI)》

《エルフの幻想家/Elvish Visionary(ORI)》

《ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite(ORI)》

《議事会の自然主義者/Conclave Naturalists(ORI)》

《ラノワールの共感者/Llanowar Empath(ORI)》

《ファリカの信奉者/Pharika's Disciple(ORI)》

《絡み爪のイトグモ/Hitchclaw Recluse(ORI)》

《森の伝書使/Sylvan Messenger(ORI)》

2*《森林群れの狼/Timberpack Wolf(ORI)》

《ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage(ORI)》

2*《剛力化/Titanic Growth(ORI)》

《空への斉射/Aerial Volley(ORI)》

《蜘蛛の網のマントル/Mantle of Webs(ORI)》

《回収/Reclaim(ORI)》

 

 

 

多色

 

《群れのシャーマン/Shaman of the Pack(ORI)》

《雷鳴のワイヴァーン/Thunderclap Wyvern(ORI)》

《イロアスの勇者/Iroas's Champion(ORI)》

 

 

無色

 

《隕石/Meteorite(ORI)》

《メレティスの守護者/Guardians of Meletis(ORI)》

《魔道士輪の魔力網/Mage-Ring Network(ORI)》

2*《錬金術師の薬瓶/Alchemist's Vial(ORI)》

《プリズムの指輪/Prism Ring(ORI)》

 

 

 出たレアが

 

 

高位調停者、アルハマレット 変位の波

潮流の先駆け

闇の誓願 無限の抹消

 ゴブリンの群衆追い

 光り葉の将帥、ドゥイネン ガイアの復讐者

 

 

 

う、う――――――――ん。

プロモ、ドゥイネンかぁ………………(形容しがたい表情)

 

 

Foil枠から《ガイアの復讐者》が出たのは嬉しかったけど、

それ以降緑レアはとんと音沙汰なしなのが悲し。

 

 

とはいえ前回にひき続きレア8枚体制での構築となったので贅沢は言うまい。

青のレアはどれもかなりいい引きだし。

 

 

そんなわけでまずは《ドゥイネン》を活かせるかどうかチェックすべく、

緑黒のプールを見てみる。

総勢11体のエルフが取れており、その中でプレイアブルなものを厳選すると9体ほど。

悪くない枚数だったので、そのまま素直に緑黒エルフを組んでみる。

 

 

構築 

 

最初に組んだデッキがこちら。

 

GB Elves-Midrange 

 

= 16 Creatures (with 9 Elves)

 

《地底街のトロール/Undercity Troll(ORI)》

2*《葉光らせ/Leaf Gilder(ORI)》

《エルフの幻想家/Elvish Visionary(ORI)》

《ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite(ORI)》

2*《森林群れの狼/Timberpack Wolf(ORI)》

《死橋のシャーマン/Deadbridge Shaman(ORI)》

《眼腐りの暗殺者/Eyeblight Assassin(ORI)》

《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》

《絡み爪のイトグモ/Hitchclaw Recluse(ORI)》

《群れのシャーマン/Shaman of the Pack(ORI)》

《光り葉の将帥、ドゥイネン/Dwynen, Gilt-Leaf Daen(ORI)》

《ラノワールの共感者/Llanowar Empath(ORI)》

《ファリカの信奉者/Pharika's Disciple(ORI)》

《議事会の自然主義者/Conclave Naturalists(ORI)》

《ガイアの復讐者/Gaea's Revenge(ORI)》

 

= 7 Spells

 

《骨読み/Read the Bones(ORI)》

《闇の試み/Dark Dabbling(ORI)》

《野性の本能/Wild Instincts(ORI)》

《残酷な蘇生/Cruel Revival(ORI)》

《隕石/Meteorite(ORI)》

《ジョラーガの祈祷/Joraga Invocation(ORI)》

 

 = 17 Lands

8*《沼》 9*《森》

 

 

23枚め以降のカード:

《森の伝書使/Sylvan Messenger(ORI)》

《剛力化/Titanic Growth(ORI)》

《ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage(ORI)》

《茨弓の射手/Thornbow Archer(ORI)》

《狂暴な吸血者/Rabid Bloodsucker(ORI)》

 

 

f:id:tenkoTCG:20150715103937j:plain

 

 

昨日のメイン構築とは打って変わって、 

《ジョラーガの祈祷/Joraga Invocation(ORI)》と《ナントゥーコの鞘虫/Nantuko Husk(ORI)》の存在から、

2マナ域をかなり厚めにとって横に並べるプランを意識している。

 

ジョラーガの祈祷

 

 

 

闇の試み 屍噛み

 

このデッキの23枚めは《闇の試み/Dark Dabbling(ORI)》。

コンバットトリックとしてはやや小回りに欠け、もう少し軽い《剛力化/Titanic Growth(ORI)》と選択を悩んだ。

しかしこれと似た《屍噛み/Necrobite(M15)》がテーロス環境でかなり強かった印象もあり、

腐らないキャントリップが好印象だったためにテスト的にメイン採用してみることにした。

 

 

森の伝書使 茨弓の射手

 

《森の伝書使/Sylvan Messenger(ORI)》はエルフだが、能力の確実性に疑問があったので不採用。

同じマナ域ならば、《ラノワールの共感者/Llanowar Empath(ORI)》より優先する理由がない。

 

《茨弓の射手/Thornbow Archer(ORI)》もいくらエルフとはいえ、環境にあふれる2/2を前にしただけで一気に無力化するスペックを見て不採用。

《光り葉の将帥、ドゥイネン/Dwynen, Gilt-Leaf Daen(ORI)》影響下だと逆に2/2を踏み越えられて強いのだが、

昨日の対戦で思い知ったように、膠着後のトップ勝負で引きたくないカードはなるべくデッキに入れないようにした。

 

 

初環境でのアーキタイプデッキはシナジーの依存度や環境とのマッチ具合を事前に読み取るのが難しいため、

組んでいる途中ずっとこのデッキの強度をはかりかねていた。

緑なのに生物の線が全般細すぎるのも気になっていた。

 

とはいえ、こういうリミテならではのアーキタイプデッキを不安半分に抱えながら、

まったく未知の環境に強引に飛び込んでいけるのもプレリの醍醐味だ。

 

メインデッキは初仕様の緑黒エルフで行くことに決めた。

 

 

 

メインデッキが決まったので、続いて前回同様サイド後のサブデッキ構築を検討する。

レアの引きから素直に青緑をチェック。

並べてみると生物数がけっこうギリギリで、マナカーブがかなりいびつになることが分かった。

 

GU Control 

 

= 15 Creatures

 

《潮流の先駆け/Harbinger of the Tides(ORI)》

《地底街のトロール/Undercity Troll(ORI)》

2*《葉光らせ/Leaf Gilder(ORI)》

《エルフの幻想家/Elvish Visionary(ORI)》

《ドゥイネンの精鋭/Dwynen's Elite(ORI)》

《屑肌のドレイク/Scrapskin Drake(ORI)》

《塔の霊/Tower Geist(ORI)》

《飛空士志願者/Aspiring Aeronaut(ORI)》

《光り葉の将帥、ドゥイネン/Dwynen, Gilt-Leaf Daen(ORI)》

《ラノワールの共感者/Llanowar Empath(ORI)》

《ファリカの信奉者/Pharika's Disciple(ORI)》

《議事会の自然主義者/Conclave Naturalists(ORI)》

《高位調停者、アルハマレット/Alhammarret, High Arbiter(ORI)》

《ガイアの復讐者/Gaea's Revenge(ORI)》

 

= 8 Spells

《意思の激突/Clash of Wills(ORI)》

2*《閉所恐怖症/Claustrophobia(ORI)》

《ニッサの巡礼/Nissa's Pilgrimage(ORI)》

《野性の本能/Wild Instincts(ORI)》

《隕石/Meteorite(ORI)》

《ジョラーガの祈祷/Joraga Invocation(ORI)》

《変位の波/Displacement Wave(ORI)》

 

 = 17 Lands

8*《島》 9*《森》

 

 

23枚め以降のカード:

《ラノワールの共感者/Llanowar Empath(ORI)》

《深海の恐怖/Deep-Sea Terror(ORI)》 

《水撃/Hydrolash(ORI)》

 

f:id:tenkoTCG:20150715104459j:plain

 

 

23枚めのラインナップを見てもらえれば分かるように

枚数はかなりギリギリだがひとまずの形にはなった。

 

とはいえ除去に二枚の《閉所恐怖症/Claustrophobia(ORI)》あり、

安定的な航空戦力でクロックの刻みプランもあり、

リセットに《変位の波/Displacement Wave(ORI)》あり、

ボムに《高位調停者、アルハマレット/Alhammarret, High Arbiter(ORI)》あり、

マナ加速からのボム投下と思っていた以上にデッキ全体の強度が高い。

 

閉所恐怖症 塔の霊

 

 

1枚1枚のカードパワーは間違いなくこちらの方が高いだろうが、

低マナ域のダブルシンボルが多く、序盤の防衛力に安定性を欠きそうなのが不安材料として残った。

(そして今気づいたが、このシンボル要求なら島と森の枚数は逆にすべきだった)

 

分類は微妙なところだろうが、自分はこのデッキ、ミッドレンジではなくコントロールだという判断になった。

そのためメインでの採用は見送り、対ミッドレンジ用のプランとして用意しておくことにした。

 

 

 

赤と白も構築を検討してみるが、青以上に枚数不足。

特に低マナ域がズタズタでデッキにならないことが即座に判明。

素直に緑黒エルフと緑青ランプコントロールの二つを抱えてゲームに飛び込むことにした。

 

 

で、実際の対戦内容はというと……

 

 

戦績

 

一試合目:緑黒エルフ  ○×○

 

まさか一試合目から同型対決!

向こうは《茨弓の射手/Thornbow Archer(ORI)》メイン投入など、自分よりもマナカーブが低めのアグロ寄りな構築。当然のごとくドゥイネン入り。

また、ニッサとリリアナが合計3枚も入っているという何かがおかしい金満デッキだった。

 

 

一ゲーム目は例によって相打ち消耗戦からの膠着、そしてトップデッキ勝負になるが、

ここで自分が1マナ重めの構築をしていたことが生き、カード1枚1枚の小さなスペック差の積み重ねでじわじわと相手を締め上げるようにして勝利。

 

ここでサイドボーディング。

トップめくり勝負になって泣けるほど弱かった熊2体をアウトし、

23枚め以降のカードの中でいちばん重たい2枚をめいっぱい入れ、

「相手よりも1マナ遅いカードをかぶせて勝つ」プランを徹底しにいく。

 

out

《森林群れの狼/Timberpack Wolf(ORI)》2枚

in

《屍術的召喚/Necromantic Summons(ORI)》

《狂暴な吸血者/Rabid Bloodsucker(ORI)》

 

 

 

二ゲーム目も同様、エルフ同士の相打ち消耗戦からのトップ勝負になる。

が、今度は相手の《搭載歩行機械/Hangarback Walker(ORI)》が膠着の間にモリモリ育って5/5にまで膨らみ、こちらのライフは9にまで落ち込む。

 

手札には《ガイアの復讐者/Gaea's Revenge(ORI)》と《屍術的召喚/Necromantic Summons(ORI)》があるのだが、

《ガイアの復讐者》を走らせても《歩行機械》相打ち、そして生まれる航空戦力を止める手段がないので2ターンで死んでしまう。

 

迷いに迷ったが、仕方なしと《屍術的召喚》で相手の《巨森の予見者、ニッサ/Nissa, Vastwood Seer(ORI)》を奪い取って変身させ、

膠着戦を別ベクトルで打開できるプランを模索しにいこうとした……ところで、

 

 

屍術的召喚 搭載歩行機械

 

相手は終了ステップに自身の《歩行機械》に《不浄な飢え/Unholy Hunger(ORI)》!

そして返すターン、《剛力化/Titanic Growth(ORI)》でぴったし9点削りきり。

お見事。

 

 

3ゲーム目も同様の展開になるが、《歩行機械》さえ出なければこちらのもの。

一度膠着させれば後はこちらのトップから着地するカードの方が単純に強い。

最後は《ラノワールの共感者/Llanowar Empath(ORI)》からトップに置いた《野性の本能/Wild Instincts(ORI)》を相手のドゥイネンに叩き込んでの勝利!

今日のプレリで一番熱い試合だった。

 

 

 

 

二試合目:黒赤白ミッドレンジ ××

 

一試合目でデッキに手応えを感じ、これはいけるかと思った矢先のニタテ敗北。

しかも相手のデッキは均等三色のアグロ寄りミッドレンジで、しかも三色すべてにダブルシンボルありという凄まじい構築。

さすがにそれだけのリスクを取ったデッキだけあって、回ったら地獄のように強い。

 

二ゲーム目はこちらがボヤっとしたキープをしたこともあり、悔いの残る敗北。

 

 

 

 

三試合目:青黒ライブラリーアウト ○○

 

珍しいアーキタイプデッキに遭遇。

 

スフィンクスの後見 テレパスの才能

 

3ターン目《スフィンクスの後見/Sphinx's Tutelage(ORI)》、

4ターン目《テレパスの才能/Talent of the Telepath(ORI)》、

それに《戦慄水/Dreadwaters(ORI)》と《蘇りしケンタウルス/Returned Centaur(ORI)》2枚ずつでゴリゴリ削ってくる面白いデッキ。

 

1ゲームは残りライブラリーが5枚ほどになったところで《ジョラーガの祈祷/Joraga Invocation(ORI)》が間に合ってギリギリ轢殺完了。

 

2ゲーム目、やっと念願の青緑にサイドチェンジ。